So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今日は塩で 久里浜「くりはま家」 [立ち飲みでいこう]

2019年3月13日(水)
 今日は一日中風が強く花粉も多かった。
 室内にいるのに涙が止まらず目薬をさす。
 それでも仕事帰りの一杯。
 久里浜商店街黒船仲通りの「くりはま家」に入る。
 しばらく焼き鳥は控えていたが、たまには食べたい。
 立ち飲みを選んだのは、ここの所腰痛が再発し、たての姿勢の方が腰に負担がかからないかな、と思って。
 向かって左手から入って人をかき分け奥に進む。
 飲み物は芋焼酎三岳の湯割り(360円)。
 三岳は鹿児島県は屋久島の焼酎。
 すっきりとしていて飲みやすい。
 いつもここでは三岳を頼んでいる。

 しかし実を言えば芋焼酎ならなんでも良い。
 焼き鳥はししとうを頼んだら、いきなり無い。
 では、ねぎま、砂肝、つくねを一本ずつ塩で。
 各120円。
 それにオニオンスライス(250円)。
 花粉症には肉の脂がいけないとのことで、こういうラインナップになった。
 タレでなく塩にしたのも
カロリーを抑えたつもり。
 焼き鳥食うのに健康に気を使うなんて小賢しいかもしれないが、なにせこちとらジジイである。
 勘弁していただきたい。
 それに新しい世界が開けるかもしれないし。
 オニスラから来た。
 かつぶしたっぷり。
 醤油をかけて食べる。
 こういうものがうまいと思うのは酒飲みだからだろう。
 焼き鳥が来て湯割りをお代わり。
 客が入れ替わる。
 スタッフも新たにやってくる。
 今日のスタッフは女性ばかりだ。
 そういえば「銀次」も女性ばかりだが、こちらはとにかく若い。
 客は若い人もいるが、主流は年配のおとっつあん達だ。
 最近は若者の酒離れが進行しているよう。
 いつまでこのような光景が残っているかな。
 そんなことより自分自身がいつまで飲めるかを心配したほうがいいか。
 塩の焼き鳥もなかなか美味い。
 ただ、タレに比べてあっさりしている分、日本酒が欲しくなる。
 もしくは焼酎なら焼き鳥には味噌を添えるとか。
 でも、さっぱり風味にも慣れていかなきゃね。

 計 1330円
 安いね。こういうところは、やはり町には必要だ。
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年季の入ったカウンター 久里浜「だるま」 [横須賀]

2019年3月12日(火)

 仕事帰りの一杯。
 「一升屋久里浜店」の向かいにある「だるま」に入る。
 渋い店構え。
 奥に長いL字のカウンター。
 年季が入っている。
 先客2人。
 少しあけて座る。
 隣の席にコートと鞄を置く。
 奥には小上がり。
 左手には階段があるが、テープが渡してあって登れないようになっている。
 以前は座敷でもあったのだろうか。
 目の前は串に刺した肉や野菜が保冷ケースに入ってずらり。
 焼き鳥メインで、刺身や揚げ物もある。
 カウンターの中には女性が1人。男性が1人。
 女性は高齢である。
 よく見れば奥の方に男性がもう1人。
 熱燗を2合頼む。
 値段は不明。
 店の雰囲気からして、高いことはないだろう。
 つまみは、まぐろヌタ(450円)。
 焼き鳥は今日はいいや。
 軽く飲んでバスで帰るつもり。
 注文したらトイレを借りる。
 階段の前にある。
 用を足し席に戻ったら、おしぼりが出ていた。
 燗のついたお銚子も出てくる。
 「ぬるければ言ってください」とのこと。
 問題はない。
 ヌタはマグロとワケギ。
 新たにお客さんが入って来た。
 気が付いてコートと鞄を後ろの壁のフックにかける。
 冬は特にフックがあるのはありがたい。
 みんな焼き鳥を頼んでいる。
 焼き鳥屋だから、当たり前か。
 テレビでは相撲。
 このような大衆酒場には相撲が似合う。
 しかし低く音楽もかかっている。
 昭和歌謡。
 たまに洋楽のポップスも混じる。
 テレビでも音楽でもいいが、どちらか一方でいいのではないか。

 そろそろバスの時間。
 計 1,190円
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰りは小雨 衣笠「お太幸」 [横須賀]

2019年3月10日(日)

 今日は朝から曇り。
 昨晩は夢の中で焦っていた。
 したがって起きても頭が重い。
 夕方、衣笠へ。
 帽子にマスクの完全防備。
 歩いていても大丈夫である。
 開店と同時に「お太幸」に入る。
 今日は比較的席に空きがある。
 カウンターの角の所に座る。
 熱燗(1.6合 520円)を頼む。
 つまみは鶏レバ串焼き(2本 280円)をタレで、それと酢の物(525円)を頼む。
 BGMはGSが2曲続く。
 熱燗から来る。
 普通酒の熱燗とか赤ワインとかウィスキーとかが美味い。
 味覚障害復帰中なので、もちろんざっくりとした話だ。
 酢の物もいける。
 今日は、なんだか具だくさん。
 しめサバ、タコ、ワカメ、シソ、サーモン、それに何かの天ぷら。
 なにせ味覚再構築中なので勘弁してもらいたい。
 酢は花粉症にも高血圧にも効く(はずだ)。
 少しして鶏レバ串焼きが来る。
 想像していたより大ぶりだ。
 見渡せば今日は鶏レバを頼んでいる人が多い。
 柔らかくてうまい。
 鶏レバには亜鉛が豊富。
 ビタミンAが花粉症対策にもなる。
 熱燗お代わり。
 ドーワップ風のコーラスがかかる。
 内山田洋とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」である。
 へえ、こんなしゃれた曲だったんだ。
 音楽は面白い。
 
 計 1,845円

 アーケード商店街ガレリアを抜けると人が傘をさしている。
 小雨だ。
 帽子があるので問題は無い。
 そのまま歩いて帰る。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白い大衆酒場 堀ノ内「あまから食堂」 [横須賀]

2019年3月9日(土)
 昨日、耳鼻科に行った。
 体感として7~8割味覚が戻ってきていると伝える。
 医者曰く。本人が7~8割と感じるなら、それはほぼ戻っているのではないか、とのこと。
 人間は過去を美化しがちなものだからだ。
 なかなか含蓄の深い話だ。
 特に年をとってからなら、なおさらだろう。
 ならば自然治癒の方向で話を進めたかったのだが、結局もう少し治療を続けることにする。
 花粉の季節が一月ほど続くことを考えると、致し方ないところだろう。

 今日は朝から晴れている。
 色々忙しく過ごす。
 花粉はバンバン飛んでいるので、それなりに対策しながら行動する。
 薬を飲んだり、目薬を差したり、外出時には帽子をかぶったりだ。
 目は多少かゆいが鼻水は出ない。
 薬が効いているようだ。
 夕方、飲みに出かける。
 バスで行けるところがいい。
 となると衣笠、堀ノ内、久里浜。
 堀ノ内にする。
 駅前の立ち飲み「小町」を目指す。
 少し手前に「あまから食堂」という看板を見かける。
 食堂とあるが飲むところのようだ。
 以前にも見かけ、気にはなっていた。
 確認してみよう。
 バスを降り、道を少し戻る。
 入り口には居酒屋の文字が書かれた紺の暖簾。
 「押す」と書かれたサッシのドアを押し入店。
 左手がテーブル席。右手がカウンター。
 全体的に白っぽい内装。
 カウンターの中には店主らしき年配の男性。
 先客なし。
 カウンターの奥の方に座る。
 カウンターの上には酒瓶などがずらりと並んでいるが、そこだけ空間がある。
 壁一面に品書きの紙が張り出されている。
 ホッピー(420円)を氷無しで頼む。
 焼酎もジョッキも常温の1
冷である。
 この季節なので問題は無い。
 つまみは、アスパラと玉ネギベーコン炒め(380円)。
 花粉の季節には肉食に偏らない方が良いようだ。
 これは後から調べたことだが、アスパラも玉ねぎも症状緩和に効くようだ。
 ホッピーにも合うし。
 少しずつ客が入ってくる。
 年配の男で一人客。
 みんなマグロを頼んでいる。
 店でもマグロには力を入れているようだ。
 とはいえ今日はブツしかないようだが。
 BGMは昭和歌謡。
 60年代後半から70年代前半。
 千賀かおるやら堺正章やら中村雅俊やら。
 当時の若者が聴いていた歌。
 アイドル歌謡は外してある。
 そのため大人が聴く懐かしのメロディーになっている。
 私が10代だったころの懐メロといえば村田英雄とか三橋美智也。
 変われば変わるものだ。
 当たり前といえば、当たり前だが。
 70年代といえば「女の道」や「なみだの操」なんていうこてこて演歌の大ヒット曲もあるが、その手も排除している。
 絶妙の選曲である。
 同じ昭和歌謡でも「お太幸」と「壱番館」と、ここでは微妙に違う。
 まあ有線とかなんだろうけど、その違いが面白い。
 ホッピーを、お代わり。
 つまみに、しめさば(420円)。
 花粉症には青魚だ。
 バスの時間も気にしながら飲食し、お勘定。
 計 1640円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冷たい雨の中 北久里浜[壱番館」 [横須賀]

2019年3月3日(日)
 朝から雨。
 寒々として、あまり動き回りたくない。

 ネット動画で「ワカコ酒」を観る。
 主演は武田梨奈。
 26歳のほっそりとしたOLが1人で酒を飲みに行く。
 女版「孤独のグルメ」。
 「孤独のグルメ」と同様現実の店を使い、店主や客は役者を使う。
 最後に店の紹介もある。
 「忘却のサチコ」のようなドラマ性は薄く、サクッと観ることができる。
 好みは下町大衆酒場っぽい。
 女の一人酒じゃあ男がほっとかないだろうが、その辺はうまく切り抜けている。
 完全に交流拒否というわけではないみたいだし。
 そこいら辺、男の一人酒というのは気楽だ。

 小雨降る中、北久里浜方面へ。
 早い時間からやっている「壱番館」に入る。
 ちょうど暖簾を「やきとり」に架け替えている最中。
 昼間は蕎麦屋も兼ねている。
 まだ16時前だというのに変形カウンターは一杯。
 でも、こちらは一人客。
 滑り込む隙間はある。
 ガンガンに盛り上がっていたのが、微妙に空気が変わる。
 奥のお客さんたちがお勘定。
 まあそれも一瞬で、また盛り上がる。
 「俺の酒が飲めないのか」
 「マスター、マスター」
 「もう一杯だけ。これで帰るから」
 とんと昭和の酒場である。
 最近、こういうところはあまり見ない。
 熱燗を2合徳利(650円)で頼む。
 つまみは焼き鳥。
 レバ、ねぎま、砂肝を1本ずつタレで。
 それにぬか漬け(350円)。
 熱燗がきて、ぬか漬けが来る。
 ぬか漬けは大根とキュウリ。
 焼き鳥は小ぶり。
 しかし、つまみとしてはこれぐらいが好ましい。
 世の中には
バーベキューみたいに大きな焼き鳥もあるが、あれはもてあます。
 それに今は花粉の季節。
 肉は、ちょっとでいいのだ。
 BGMは昭和歌謡。
 しかし「お太幸」とは、ちょっと傾向が違う。
 「黒の舟歌」がかかる。
 渋い。
 アイドル系は、かからない。
 私はアイドル系も好きなのだが、ポップスやフォーク、ニューミュージックも含めて昔の歌はどんどん懐かしくなっていく。
 焼き鳥が無くなったので塩からを頼むも今日は切らしているとのこと。
 代わりにということで明太子野沢菜(450円)を頼む。
 塩からの代わりなので塩辛い。
 2合徳利が空いた。
 日本酒を続けると、へべれけになりそうである。
 ホッピー(450円)を氷入りで頼む。
 中追加などせず、薄めながら飲み進む。
 我ながらへたれの酒飲みになった。
 でも、これでいいのだ。
 窓の外は雨。雨が降ってる。
 店内は更に混沌状態。
 何人か帰り、新たに客が来る。
 程よいところでお勘定。
 傘を刺し冷たい雨の中、家路につく。
 計 2,290円


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつのまにか 衣笠「お太幸」「黒田節」 [横須賀]

2019年3月2日(土)

 今日は休み。
 昨日は遅くまで飲んで、遅くに帰ってきた。
 時間の半分は水を飲んでいたような気がする。
 おかげで体は楽だ。
 ネット動画でドラマ。
 「ハケン占い師アタル」、「メゾン・ド・ポリス」。
 それぞれ物語が動き始めた。
 夕方、衣笠の「お太幸」。
 出遅れたので、カウンターは一杯。
 4人掛けのテーブル席に相席。
 あちこちに予約の札が立っている。
 何時からの表示もあるので、客さえ納得なら予約席に案内されることも多い。
 今案内された席は予約席ではないようだ。
 飲み物は熱燗(1.6合 520円)。
 つまみは明太子 生(455円)。
 例の亜鉛補給シリーズだ。

 熱燗はすぐ出てきたが、明太子は時間がかかった。
 切って盛り付けるだけだろうが、何せ週末で混んでいる。
 明太子の味は感じるが、辛みは一定の線でブロックしている感じ。
 お銚子1本空けて、
これで終わってもいい。
 しかし今日は、もう少し飲みたい。
 熱燗お代わり。
 つまみにイカオクラなっとう(435円)。
 ねばねば丼などの具として食べたことはあるが、酒の肴ではあまり記憶がない。
 味覚の再構築のためだ。
 色々試してみよう。
 味の大部分は納豆が支配しているような気がする。
 口に残ったねばねばは燗酒が洗い流してくれる。
 比較的早く日本酒に対する味覚が戻ってきてよかった。
 しかも全快ではないので、安い普通酒でも大体満足できる。
 後はじわじわと戻っていくのを楽しみしよう。

 計 1,930円。

 満足して店を出、衣笠十字路へ向かう。
 道の向こう側の「黒田節」に明かりが灯っている。
 焼き鳥の「黒田節」は、しばらく前から休んでいたはずだが。
 地下道を渡り確認してみる。
 やはり営業している。
 勢いで、そのまま入店。
 カウンターだけの狭い店。
 先客がいる。
 私は、つきあたりの席に座る。
 カウンターの中には女性が1人。
 以前のママさんとは違う人だ。
 ホッピーを氷入りで頼む。
 すでに充分出来上がっているからだ。
 一応、クールダウンのつもり。
 焼き鳥は、レバと何かを1本ずつタレで頼む。
 計3本。1本100円。
 すでに出来上がっていたので、あまり記憶がない。
 それと、お客さんや店の人と話を始めてしまった。
 以前のママさんは引退したようだ。
 新しいママさんは以前の店の常連さんだったとのこと。
 サービスで、チョコレートを出してもらう。
 ホッピーは、中など追加せず薄めながら飲む。
 程よいところでお勘定。
 計810円

 裏道を通りながら帰路につく。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大衆酒場のカウンター 東神奈川「根岸家」 [横浜]

2月28日(木)

 東神奈川駅前の「根岸家」。
 久しぶりだ。
 入るとすぐが縦長コの字のカウンター。
 左手はテーブル席。
 奥は座敷。
 カウンターの右の角に陣取る。
 やはり、ここはカウンター席が良い。
 酒は熱燗(360円)。
 
すでにつけてあるのを、さっと出してくる。
 「銀次」と同じスタイル。
 ただし、お通しは無い。
 つまみはコハダ酢(320円)。
 コハダはコノシロの幼名。
 もっと小さいのはシンコ。
 シンコあたりは寿司屋ではいい値段がつくらしい。
 まあこちらは居酒屋でコハダ酢が似合っている。
 熱燗お代わり。
 湯豆腐(410円)を頼む。
 今日は湯豆腐を頼んでいる人が多く、つられた。
 朝から雨模様で寒いものね。
 湯豆腐には小さなタラが添えてある。
 たっぷりの鰹節とネギ。
 湯豆腐にタラってのは東京では定番みたいだね。
 関西では豆腐だけらしい。
 横須賀では、からしをぬったのが出てきたりする。
 家庭料理としては話は聞かないから、居酒屋特有の物なのかも。
 定番料理でも地域によって違いがあるのが面白い。
 私は生活のほとんどを横須賀と横浜の間で過ごしてきた。
 こんな狭い世界でも、横須賀と横浜では多少の違いはありそうだ。
 たとえば横須賀のホッピーは店によっては異常に焼酎が多いとか。
 まあ、時代によっても変わっていくだろうけど。
 そういえばこの「根岸家」も以前は別の場所にあったらしい。
 そのころを知っていれば、また違った感慨があるに違いない。
 近くにあれば通っていただろうなあ。
 最近は横須賀飲みばかりだが、横浜ではこの店と「味珍」には未練がある。
 たまには来なきゃね。
 計 1,450円
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛しのぬた 北久里浜「一升屋 北久里浜店」 [横須賀]

2019年2月27日(水)
 今日は朝から京急で人身事故。
 続いてJRでも。
 あちこち騒然としている。
 昼は酸辣湯麺。
 酸味と辛みで鼻水が出てくる。
 熱い刺激物は良くないようだ。

 仕事帰りは小雨。
 帰宅途中に「一升屋」に立ち寄る。
 今日は入って右側のカウンター席に陣取る。
 酒は大徳利(300ml 680円)。
 つまみはマグロのぬた(680円)を頼む。
 お通しは、シラスおろし。
 大根おろしの辛みは良い。
 冷たいからだろう。
 ぬたの味噌は、からし味噌。
 これも良い。
 辛みも温度によるようだ。
 具は、もちろんマグロ。
 それにワカメ、ワケギ、シソ。
 少し寒さが緩んで雨が降るようになってくると、ぬたが恋しくなってくる。
 「銀次」に通っていた頃は、この季節の定番だった。
 でも意外とぬたって、この辺りじゃあやっている店少ないんだよね。
 この店ではマグロの他にイカやネギのぬたもある。
 大徳利1本にネギぬたで終わるってのも良いかもしれない。
 お通しもあるし、さみしくはないだろう。
 ある程度定期的に訪れるところではないと、やりずらいけどね。
 計 1,790円


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サバサバ 北久里浜 「季節料理 北浜」 [横須賀]

2019年2月26日(火)

 今日、花粉の飛散は少ない予報。
 昼に味噌ラーメン。
 しかし午後には目がかゆくなる。
 厄介なものだ。

 仕事帰り。
 北久里浜の「北浜」。
 花粉のことを考えると、肉よりは魚が良いだろう。
 暖簾をくぐって入店。先客無し。
 直線のカウンターの奥の方に陣取る。
 熱燗を2合注文。
 1合350円だから700円だと思う。
 ぬたあたりを考えていたが見当たらない。
 浅〆サバ刺し(500円)にする。
 頼んだところで、お通しが来た。
 サバの味噌煮である。
 サバが、かぶった。
 もっともぬたにしていたら、味噌がかぶっていたところだ。
 缶詰に慣れた身には、さっぱりと感じる。
 〆サバも浅〆だけあって、あっさり味。
 塩味も酸味も控えめだ。
 この辺の微妙な味を、まだすくいきれない。
 花粉のせいかもしれない。
 酒は2合で丁度良い。

 計 1,650円

 晩御飯は、うどんであった。
 今までだったら、ここで缶ビールの出番。
 しかし無しでも大丈夫。
 花粉のせいかもしれないし、味覚のせいかもしれない。
 もちろん年齢のせいかもしれないのである。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

煮物、酢の物 北久里浜「藪蕎麦」衣笠「お太幸」 [横須賀]

2019年2月24日(日)
 深夜に近い早朝。
 口中が、からからに乾き目覚める。
 ここの所、連日である。
 唾液を絞り出し眠りにつく。
 今朝も腰は重い。
 天気は良く、味覚は更に戻りつつある。
 ミカンの酸味が心地よい。
 ブラックコーヒーは、まだまだだ。
 体の求めている順番だろう。
 今日の花粉の予報は「非常に多い」。
 今年初めて。
 でも自宅にいる分には平気である。
 薬も飲んでいる。
 家族は出かけているので、北久里浜の「藪蕎麦」へ。
 用心で帽子にマスク。
 昨日から腰痛が再発したので、少し歩いたほうがいい。

 腰は軽くなり、鼻も通っている。
 店に入り、四角いカウンター席の一角に陣取る。
 カウンターの先客2人。
 1人はビール。もう1人は冷酒の小瓶。
 それぞれ1人客。
 私も、
つられて熱燗。
 大関一合(500円)。
 食事は牡蠣南蛮蕎麦(1,150円)。
 お銚子には、お通しがつく。
 タクアンである。
 ぽりぽりとつまみながら酒を飲む。
 タクアンは比較的早く味が戻った。
 テーブル席も座敷も一杯。
 しかしみんな食事の客なので、どんどん入れ替わっていく。
 牡蠣南蛮蕎麦が来た。
 牡蠣をつまみながら熱燗ぐびり。
 熱燗は良いのだが、牡蠣の滋味を味わうには我が舌はまだ遠い。
 ランチタイムのど真ん中だから、どんどん食べ進む。
 蕎麦自体はアレルゲンでもある。
 しかし私に蕎麦アレルギーはない。
 蕎麦に含まれているケルセチンは花粉症の炎症を和らげる効果があるとのこと。
 良い方に考えよう。
 計 1,650円

 外に出て大きく息をすってもなんともない。
 腰も大丈夫だ。

 夕方、衣笠の「お太幸」。
 帽子はかぶるが、マスクはしない。
 気になることはない。
 平作川沿いを歩き、衣笠の商店街「ガレリア」を通る。
 「お太幸」に入ると、開店して数分なのにカウンター席は満員。
 カウンターが空くまでということで、テーブル席に座る。
 温かいおしぼりが嬉しい。
 酒は熱燗(寿海1.6合 520円)。
 つまみは、イカと里芋煮(455円)。
 これはいける。
 なかなか渋い場所に立ち戻ってきた。
 もちろんこの先に広くて深い世界が待っているが、とりあえずはここまで来たことを喜びたい。
 味覚が戻るにつれて、酔いが回るようになってきた。
 この辺の関連性が面白い。
 ただ以前より確実に弱くなっている。
 それなりに対応しなければならないだろう。
 昼間も飲んだので、1.6合で終わってもいい。
 しかし、つい習慣で日本酒をお代わり。
 これから更に1.6合はきつい。
 金升朱ラベル(495円)を頼む。
 升にグラスの注ぎこぼし。
 冷でおそらく一合。
 つまみに酢の物(525円)。
 中身はサーモン一切れ、タコ、しめサバ、きゅうり、わかめ。
 塩身が強く感じる。
 これは私の舌のせいかもしれない。
 もちろん酢の物であるからして、酸味も感じる。
 酸味は、もともと好きな味だ。
 餃子や焼売に酢は欠かせない。
 後は白身の魚などの繊細なうま味
 コーヒーなどの苦み。
 道はまだまだ遠い。
 計 1,995円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -