So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

狭い立ち飲み 逗子「三遊亭」 [立ち飲みでいこう]

2018年11月17日(土)

 今日は休み。
 午後歯医者に行き、その足で衣笠、逗子と回り込む。
 JRの駅から京急の新逗子近くの「万紫味」へ。
 時刻は15時50分くらい。
 暖簾は下がっているが、準備中の札が置いてある。
 ここは昼から通しでやっているんじゃあなかったけ。
 まあいいや、くるりと引き返し立ち飲みの「三遊亭」を目指す。
 久しぶりだなあ。
 あっちは16時開店なので丁度いいだろう。
 時間調整しながらぶらぶらと歩く。
 店頭に立つと店は開いている。
 中には女性スタッフが1人。
 以前は店主らしきおじさんが1人だったのに。
 いかにも開けたばかりという感じ。
 左手が注文カウンターで、その中が厨房。
 店は狭い。
 純米酒(400円)を注文。
 最初は熱燗にしようとしたのだが、冷にした。
 陶器の器に一杯。
 口からお迎えにいって量を減らし、反対側のカウンターに移動。
 つまみはカブの浅漬け(200円)と、牛中落ちカルビのワイン煮(400円)を頼む。
 支払いは、キャッシュ・オン・デリバリー。
 日本酒は紙パックのものだが、すっきりとしている。
 松竹梅だったかな。
 カブは、さっぱりとしている。
 ワイン煮も、しっかりしている。
 日本酒の後は芋焼酎の湯割り(400円)。
 これも紙パック。
 器に入れ水で割り、レンジでチン。
 芋焼酎、久しぶりに飲む。
 家の買い置きも半端に開いたままだ。
 寒いので美味い。
 ワイン煮が無くなったので、いぶりがっこクリームチーズ(300円)を追加。
 焼酎は半分残っている。
 久里浜行きの電車が来るまで、調整しながら飲む。
 いぶりがっこもいける。
 日本酒だってOKそうだ。
 結構出来上がったお客さんが入ってくる。
 程よいところで店を出る。
 調べると、バスの接続もよさそうである。
 快適、快適。
 このパターン、使えるぞ。
 衣笠駅を出たら、バスの明かりが見えた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱燗の季節 北久里浜「富充酒場」 [横須賀]

2018年11月16日(金)

 仕事帰り。
 今日は「富充酒場」。
 普通の民家のドアをあけて玄関に入る。
 靴を脱ぎ、そのままカウンター席へ。
 本当は左の靴箱にあるスリッパに履き替えるのだが、うっかりして忘れてしまった。
 カウンターは奥に先客2人。
 一番手前に座る。
 今日も日本酒が飲みたい。
 浦霞(600円)を熱燗でもらう。
 レンジで温めなので、徳利の首を持つと熱い。
 お通しはカブの漬物、擦った山芋、コーンたっぷりのコールスローサラダ。
 つまみに厚揚げ焼きを頼むも、厚揚げを切らしているとのこと。
 前回と同じ揚げ出汁豆腐(600円)にする。
 先客はにぎやかだ。
 カウンターの中には前回いなかった女性スタッフがいる。
 ママさん(たぶん)が色々教えている。
 正面上方には大型テレビ。
 ニュースをやっている。
 家庭的な雰囲気だ。
 浦霞の熱燗をお代わり。
 首が熱い。
 揚げ出汁豆腐がきた。
 素揚げしたオクラと茄子がのっている。
 全部平らげると、結構腹が膨れる。
 前回頼んでわかっていたはずなのに。
 年々食が細くなっている。
 工夫が必要だ。
 計 2200円台(ぼけて端数を忘れた)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本酒にイワシ 北久里浜「一升屋 北久里浜店」 [横須賀]

2018年11月15日(木)

 仕事の帰り。
 今日は「一升屋 北久里浜店」。
 入ってすぐの四角いカウンター。左側に座る。
 おしぼりが来た。
 今日は日本酒の気分。
 全国飲み比べ的なメニューの中から山口県の五橋(ごきょう)を選ぶ。680円。
 バランスが抜群との解説つき。
 小皿にグラスのスタイル。
 なるほど、癖のない味である。
 お通しは刻んだ山芋。
 上に載っているのは雲丹みたい。
 醤油をかけてつまむ。
 山芋の旬は11月から1月。
 季節があるのは楽しい。
 日本酒も冬になると飲みたくなる。
 となると、つまみは魚か。
 ホワイトボードの中から、イワシ刺し(680円)を頼む。
 今日は空いている。
 山芋をつまみながらちびちびやっていると、おーなんてこと。うっかりグラスを倒してしまう。
 カウンターの上は、びしょびしょだ。
 おしぼりでは間に合わない。
 店のスタッフに声をかける。
 「あら、もったいないですね」
 「すみません」
 我ながらぼけている。
 拭ききれないので隣の席に移る。
 酒は出羽桜吟醸(650円)。
 こちらは吟醸酒らしい華やかな味だ。
 サービスということで先ほどのグラスに五橋もついでもらう。
 騒がせした上に有難うございます。
 イワシ刺しが来た。
 扇状にきれいに盛り付けてある。
 生姜醤油でいただく。
 うまい。
 腹にもたまらず。酒のつまみにピッタリだ。
 出羽桜を飲み終わり、サービスの五橋をいただく。
 いただいてばかりでは申し訳ないので司牡丹船中八策(680円)も頼む。
 さらりとしたキレが抜群の超辛口酒との解説付き。
 土佐の酒はもともと辛口である。
 3つの酒の中では出羽桜が異色といえば異色。
 なんにせよイワシが合う。
 程よく酔ってお勘定。
 計 3160円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夜の街、バスが行く 堀ノ内「小町」 [立ち飲みでいこう]

2018年11月13日(火)

 仕事帰り。
 ポツリポツリと雨が降ってきた。
 北久里浜を通り越し、堀ノ内で下車。
 バスに乗って帰ろう。
 時間調整で駅前の「小町」
 直線カウンターは一杯だ。
 「奥が空いてます」
 なるほど半円形の小カウンターには先客1人のみ。
 ホッピー(450円)を氷無しで頼む。
 つまみは煮込み豆腐(300円)。
 メニューには税込の文字。
 時代の反逆児だなあ。
 ホッピーは焼酎だけ常温の2冷。
 煮込み豆腐には、たっぷりの刻みネギ。
 中身はもつ、豆腐が大半で、かすかにコンニャクとゴボウ。
 更にお客さんが来て、半円形カウンターは3人に。
 混んでいるからか、注文もテキパキしている。
 ここはスタッフもテキパキ。
 こちらは1飲、1食。
 楽である。
 バスの時間に合わせてお勘定。
 計750円
 「すみません、ごめんなさい」
 人をかき分け出口に向かう。

 雨は降っていない。
 バスは待っているし空いている。
 夜の街をバスは走る。

 自宅で夕食後「忘却のサチコ」を観る。
 行方をくらました婚約者を忘れるため参加した合コン。
 偶然久しく会っていなかったいなかった幼馴染に再開する。
 幼馴染にとってはサチコが初恋の人だった。
 まっすぐで不器用なサチコがかわいい。
 高畑充希は、ざっくりとした演技がうまい。
 今回の食べ物は、揚げパンとナポリタン。
 どちらも日本でアレンジされた洋食ということみたい。
 揚げパンに思い入れはないが、ナポリタンが実においしそう。
 粉チーズにタバスコまでかけて食べる。
 めまいがしそうだ。
 動物園でデートしていたし、ロケ地は横浜か。
 このドラマ、今シーズン一番のお気に入りである。
 初回も観たかったなあ。

 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暖かな休日 横須賀中央「お太幸 中央店」 [横須賀]

2018年11月11日(日)

 薄曇り。
 天気の良い日曜日。
 横須賀中央に出かける。
 「チュウサカ」に行くが休みだ。
 そうだっけ。
 我ながら、ぼけてるな。
 少し戻って「お太幸 中央店」に入る。
 入ってすぐにあるのがC字型の大カウンター。
 左右の奥にL字型の小カウンター。
 入ってすぐの中央付近に座る。
 この辺りは、まだ空いている。
 先客は12~3人。
 大きな店なので、ぱらぱらに感じる。
 時刻は15時半頃。
 おしぼりが来た。
 ホッピー(495円)を氷無しで頼む。
 つまみは「本日のおすすめ品」の中から、シマアジの刺身(615円)を頼む。
 ホッピーは2冷か3冷か微妙。
 この季節なので、さほど気にならない。
 ここは早い時間からやっているので、すでに出来上がっている人もいる。
 実にディープな大衆酒場だ。
 私も昔でいえば老人の仲間入りなので、すっぽり収まる。
 BGMは昭和歌謡。
 しかし年寄りが世良公則聴いて懐かしがる時代が来るとは。
 わかっちゃあいるけど。
 「あんた」「あたい」「白けた笑い」と時代臭がプンプンである。
 一昨日、一昨昨日と深く飲んだ。
 その関係で昨日はお休み。
 多少疲れが残っているのか、ホッピー一杯で出来上がってしまう。
 でも時間はあるし、もう一杯ぐらい行こう。
 ホッピーを氷無しでおかわり。
 ジョッキは替えてくれる。
 つまみはロールキャベツ(390円)。
 これも本日のおすすめ品。
 おすすめ品には番号が振ってあって、これは2番。
 2番は2つあって、もう一つはサバの味噌煮だ。
 別の張り紙に番号別に料金表がある。
 品書きと番号別料金表を組み合させて初めて料金がわかる仕組み。
 ややこしいね。
 定番の品は品名の下に金額が書いてあるというのに。
 客が、どんどん入ってくる。
 年齢層は高い。
 日曜日だろうと、あまり関係がなさそうな人たちが多い。
 ロールキャベツは2つ。
 洋食なのに、大衆酒場に似合う。
 そういうものって、あるもんだ。
 ハムカツ、カニクリームコロッケ、ハムエッグ、オムレツなど。
 その手の中じゃあ野菜っ気があって、さっぱりしている。
 日本酒に合わせるのは無理があるが、ビール、焼酎系ならOKだ。
 ホッピーは、こういう時に便利である。
 でも2杯飲んだら酔いも満タン。
 疲れが抜けきっていないようだ。
 ここいらで、お勘定。
 計 1995円
 酔いを醒ますためにJRの横須賀駅まで歩く。
 どぶ板通りは賑やか。
 カフェやパブ的な店では人が一杯だ。
 ほとんどが外国人。
 観光客がイメージする「ヨコスカ」を体現している。
 これみんなサクラだったりして。
 ヴェルニー公園では、ちらほらとバラが咲いている。
 この辺りは若い子たちが多いかな。
 目の前には潜水艦。
 これも実に横須賀だ。
 駅へ着いたらびっくり。
 次の久里浜行は20分以上待たなくてはならない。
 田舎だなあ。
 これも一つの横須賀だ。
 天気が良いので、のんびり待つか。
 のぼり電車が来て、ホームに一杯だった乗客がどっさり乗り込む。
 もう一つ、のぼり。
 まあ、人数の問題だからしょうがない。
 やっとくだりが来て乗り込む。
 衣笠で下車。
 駅前ではバスが待っていた。
 これくらいは合わせてくれなきゃね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しのつく雨の中 衣笠「お太幸」 [横須賀]

2018年11月4日(日)

 午前中ネットで「江戸前の旬」4話を観る。
 王道の熱血グルメ漫画をドラマ化した感じ。
 主人公の旬は父親の寿司屋で修業中の若者。
 才能はあるようだが、若さゆえの失敗も犯す。
 今回のテーマは雲丹と帽子。
 上手いことまとめ上げている。

 午後は雨模様。
 「ウェイバリー通りのウィザードたち」など観る。
 父親のもとで修業中の若者の魔法使いの話。
 「江戸前の旬」と続けてみると、日米の違いが際立って面白い。
 
 夕方、衣笠の「お太幸」に出かける。
 うまいこと雨が止んだ。
 途中小降りで降ったが、大したことはない。
 店に入り角近くのカウンター席に座る。
 「飲み物は」
 「熱燗」
 見れば、沢の鶴フェアで通常1.6合520円が490円。
 期間は11月一杯。
 連日寒くなってきた。
 燗酒の季節だ。
 つまみは、かき酢(555円)。
 日本酒といえば魚介である。
 熱燗は熱々。
 かき酢は大根おろしたっぷり。
 レモンがついてくる。
 日本に四季があってよかった。
 1.6合という半端な設定も絶妙である。
 昔はこれを2つで丁度良かったが、最近はきつい。
 熱燗で体が温まった後は冷酒。
 張り紙に書いてある「残草蓬莱」という酒を頼む。
 130mlで495円。
 大矢孝酒造という神奈川の酒蔵らしい。
 つまみは湯豆腐(400円)
 「ここの湯豆腐は一丁ですか」
 「一丁です」
 「半丁にできませんか」
 「ええと、でも」
 「わかりました、一丁でお願いします」
 出てきたのは半丁の湯豆腐。
 特に解説無し。
 ええと、さっきの会話の結果なのかな。
 湯豆腐の後に酒が出てきた。
 小皿にグラスの注ぎこぼし。
 味はすっきりとしている。
 客席は、もうぎちぎちだ。
 小柳ルミ子の「私の城下町」がかかっていて、反応しているお客さんがいる。
 ここいらで、お勘定。

 計 1900円

 衣笠駅に回り込むと、堀ノ内行のバスが待っている。
 これは、あらかじめ計算していた。
 始発なので空いている。
 バスは自宅近くまで連れて行ってくれる。
 

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

裏の2階 上大岡「炭火焼 とりとん」 [横浜]

2018年11月3日(土)

 午前中、ネットでアニメとドラマ。
 「MSTERキートン」、「シェキラ」、「忘却のサチコ」。
 どれも面白い。
 今回の「忘却のサチコ」は三崎港が舞台。
 いろいろあってサチコは「くろば亭」でマグロ丼を食べることになる。
 あの坊主頭の店主が出てくるのかと思ったら、その役は泉谷しげるが演ずる。
 実在の店に虚構を組み合わせる「孤独のグルメ」と同じ手法である。
 昼飯は鉄火丼。
 家人がスーパーで買ってきたもので、たまたまだ。

 午後は上大岡で買い物。
 ウィングの「ヨドバシカメラ」でシェーバーの替刃を購入。
 横須賀の電気屋では、替刃ごときでも取り寄せになってしまう。
 ついでにオーディオ売り場をうろうろする。
 レコード・プレイヤーが、いくつも並んでいる。
 家でレコードを聴ける環境がうらやましい。
 そのうちヘッドホンは買い替える時が来そうだ。
 イヤーパッドが、ぼろぼろになってきた。
 書店で「予言村の同窓会」を買う。
 そんなに古い本でもないのだが、横須賀では大きなところでも置いていなかった。
 まあ今は
本やCDなどはネットで注文すればいいわけだが。
 でも出かけての買い物は別の楽しみもある。
 今日は、さらに京急に乗って弘明寺に行くつもり。
 良い立ち飲み屋があるらしい。
 ウィングの中をエスカレーターを乗り継ぎながら降りてゆく。
 すると、いつの間にか駅の裏手に出てしまった。
 改札に回り込もうとしてふと見ると、ビルの2階に焼き鳥屋らしき店が見える。
 明かりがついていて、営業してそうだ。
 時刻は15時20分ころ。
 信号を渡り階段を上ると、やはり焼き鳥屋である。
 13時から開いているようだ。
 居合わせた店の人に促され入店。
 お洒落で落ち着いた内装
 そこそこ広い。
 先客無し。
 カウンター席もあるが、窓際の2人掛けテーブル席に座る。
 テーブルは全部で8卓。
 4人掛けが3つに2人掛けが5つ。
 若い女性スタッフにホッピーを氷無しで頼む。
 メニューには、
キンミヤホッピーで300円となっている。
 安い。
 つまみは、ここのところ定番のもつ煮込み(380円)。
 それに、はらみのたたき(380円)を注文。
 たたきは時間がかかります、と警告される。
 出てきたホッピー、ジョッキと焼酎はおそらく常温。
 ホッピーだけの1冷。
 しかもマドラーつき。
 しまった。氷入りホッピーが定番の店だったようだ。
 まあ、ここのところ寒いぐらいなので我慢はできる。
 煮込みはもつ、コンニャク、ねぎのオーソドックスなもの。
 女性スタッフは帰ったらしく、厨房に男性スタッフ1人となる。
 厨房は私からは遠い、
 手元は見えないが、さっきからずっと調理をしている。
 私の頼んだ、
はらみたたきだろう。
 ホッピーが無くなった。
 男性スタッフに合図。
 ホッピーを氷無しで注文。
 どうも氷たっぷりが苦手になってきている。
 マドラーも無しと付け加える。
 「うちには凍ったジョッキもありますが、常温がいいですか」と男性スタッフ。
 もちろん凍ったジョッキで頼む。
 焼酎に関しては、四角い段ボールに蛇口のついた箱から注いでいるので常温だろう。
 たたきが来た。
 頼んでから15分ぐらいか。
 醤油に、すったにんにくが添えてある。
 薬味に刻んだネギ。
 半分以上火が通っているようだが、ひんやりしている。
 中心部は赤っぽい。
 かつおみたいに氷水でしめたのだろうか。
 それとも自然に冷ましたか。
 つまみ2品にホッピー2杯で、きれいに終わる。
 サクッとお勘定。

 計 1680円

 少し上大岡の街を散歩。
 大通り沿いに「Moshas」というクラフトビールの店を見かける。
 「合法牛レバ刺し」の文字が目を惹く。
 まあ「合法」だから良いようなものだけど、これも時代なのだなあ。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どて焼きでホッピー 久里浜「やんけ」 [立ち飲みでいこう]

2018年11月1日(木)

 仕事帰りの1杯。
 「大阪風串かつ 立ち飲み処 やんけ」だ。
 入り口近くに人が偏っているので、空いている奥へ。
 入り口近くにはテレビがある。
 「ホッピーください」
 「氷は、どうします」
 「氷無しで」
 ホッピーセットは410円。
 つまみは、どて焼き(390円)。
 大阪風牛すじ煮込みのキャッチフレーズつき。
 出てきたホッピーは3冷。
 当然、マドラーも無しの正統派。
 注げばホッピーは少し余る。
 最近、また3冷のホッピーが美味いと感じるようになってきた。
 ホッピーから遠ざかっていた時期もあるのだが。
 どて焼きは串に刺しておらず、小ぶりの器で出てくる。
 牛すじ、コンニャクに刻んだ万能ねぎ。
 さっぱりとしながら味わいがある。
 これは良い。癖になりそうである。
 しかし煮込みなのにどて焼きとはこれいかに。
 どて煮というところもあるようだ。
 牛すじは牛のアキレス腱。
 関西では、おでんの具にもなっているよね。
 最近は、こちらでもポピュラーになってきた。
 私は東の人間なので、牛肉に対する執着がない。
 牛丼屋も「いきなりステーキ」もご無沙汰だ。
 でも少量なら美味いと思うようになってきた。
 すじ肉や内臓関係も含めて。
 量的にはホッピーがもう少し欲しくなるのだが、ジョッキ一杯追加するのは多すぎる。
 調整しながら飲む。
 さっぱり、すっきり。お勘定。
 計 860円
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もつたっぷりの煮込み 久里浜「くりはま家」 [立ち飲みでいこう]

2018年10月29日(月)

 仕事帰りに一杯。
 今日は久里浜商店街の中の「くりはま家」。
 立ち飲みの焼き鳥屋である。
 昔ながらのアーケード商店街にある飲み屋って、なんだか良い。
 衣笠の「お太幸」なんかもそうだね。
 2か所ある入り口の、向かって右側から入る。
 先客5人。
 「飲み物は何にします」
 「ホッピー、氷無しで」
 よく冷えたプレミアムモルツのジョッキに焼酎が入って出てきた。
 380円。
 ホッピーも、よく冷えている。
 惜しむらくは、ジョッキにマドラーがさしてあること。
 氷無しの場合、勢いよくホッピーを注げばマドラーはいらないのだ。
 ジョッキにホッピーを入れて口に含むと、よく冷えている。
 3冷か。
 2冷かもしれないが十分である。
 最近、この時間は肌寒いと言ってもいいくらい。
 つまみは「煮込み豆腐」。
 「もつ煮込みですね」
 「ええ」
 品書きには煮込み豆腐と書いてあるんだが。
 まあ、いいや。
 250円。
 スタッフのお姉さんが鍋から器によそい、レンジでチン。
 出てきたのは、もつたっぷりの煮込み。
 豆腐も入っている。
 後はゴボウとコンニャク。
 刻んだ長ネギが散らしてある。
 実にオーソドックスな焼き鳥屋の煮込みである。
 もつはブリブリとしている。
 最初からその気なら、これでホッピー2杯はいける。
 しかし今日は月曜日。
 1杯だけにしておこう。
 お勘定。
 計 680円。
 うーん、立ち飲みの焼き鳥屋も外税になったか。
 これも世の流れだ。
 しかし酒一杯つまみ一品だと、こんなに楽なんだなあ。
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野菜たっぷりの煮込み 衣笠「お太幸」 [横須賀]

2018年10月28日(日)

 昨日買った「野武士のグルメ」読了。
 タイトルからして時代物かと思ったら、定年を迎えた60歳の男性が主人公。
 中身は「孤独のグルメ」と同趣向。
 井の頭五郎に比べると、酒が飲める分、多少幅がある。
 その代り五郎ほど食えないが。
 原作:久住昌之 画:土山しげる。
 原作者の久住昌之は1958年生まれ。
 私とほぼ同世代。60歳前後だ。
 道理で書いていることに共感が持てる思った。
 今、流行りのラーメンより食堂のタンメンが好きとか。
 ネットで「MASTERキートン」チャプター9「貴婦人との旅」を観る。
 「奇妙な味」の短編小説みたい。
 引き出しの多さが、このシリーズの魅力だ。

 夕方、衣笠へ。
 ハロウィーンが近いので、衣笠商店街の様子が見てみたい。
 しかし日曜日にも関わらず、閑散としている。
 拍子抜けだ。
 そのまま「お太幸」の階段を上る。
 BGMは「柳ケ瀬ブルース」。
 相変わらず混んでいる。
 カウンターの角近くに陣取る。
 生ビール(540円)を注文。
 ビールが来た段階で
煮込み(435円)を頼む。
 定番メニューには赤字でただ「煮込み」とだけ書かれている。
 ビールを飲んでいると「もつ煮込み」ですと声がかかる。
 そりゃ、そうだろうな。

 でも内容は野菜たっぷり。
 豆腐、大根、人参、蒟蒻、玉ねぎ、ジャガイモ、モツ、それに刻んだ長葱が薬味としてかかっている。
 スープの色は薄い。
 出汁がきいて味わいがある。
 これからの季節にピッタリだ。
 人間ドックで尿酸値の上昇を指摘されたが、これなら体にもよさそうだ。
 ビールの後はホッピー。
 値段は忘れたが500円前後。
 氷無しで頼む。
 出てきたのは、たぶん3冷。
 焼酎を含む行為がはしたなく思え、確認していない。
 メニューではホッピーの隣にキンミヤ焼酎が並んでいた。
 焼酎の中身はキンミヤかもしれない。
 適当な話で申し訳ない。
 私の舌では甲類焼酎の区別はつかない。
 ホッピーとして、おいしいことは確かだ。
 懐かしの昭和歌謡を楽しむ。
 店の中に「おかげさまで創業60周年」の張り紙がある。
 ほう、この店も60歳でこぼこか。
 道理で落ち着くと思った。

 細川たかしで、お勘定。
 今、話題のジュリーの声を聴きながら「ごちそうさま」。
 曲は「花の首飾り」。

 計 1470円

 これは家に帰って調べたことだが、あの「豚の味珍」は1956年の創業。
 やはり同世代である。
 落ち着くわけだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -