So-net無料ブログ作成

三ツ星 「高尾山」 [山]

8月18日(火)

 家族で、高尾山を歩いた。
 高尾山口からは、ケーブルカー利用。
 降りたところで、もう昼飯。
 小さなトカゲがいて、後から来た男の子達は大喜びだ。体は縞模様で、尻尾はきれいな青。ニホントカゲと言うらしい。しかし男の子ってのは、ヘビとかトカゲとか好きだねえ。

 飯の後は、頂上までのんびり歩く。
 うちの子は写真を撮るのが面白いらしく、何かあるたびに立ち止まっている。
 天気は良く、湿気も少ないので、なかなか快適だった。
 腰痛から来たのか、右足の指の付け根が痛いのだが、登山靴を履いていると、まるで気にならない。何かの魔法なのだろうか。
 近くにあれば頻繁に来るんだがなあ、などと思うが、あれ、多摩川の川原歩いた時も同じこと考えてたっけ。その割には、あれから行ってないや。
 要は気持の問題だな。
 しかし、一汗かいてから戻ってきて飲んだ缶ビールは、美味かったなあ。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大楠山にて [山]

1月2日(金)

 総勢8人で、大楠山に登る。
 昨日今日と、天気が良い。風は無く、抜けるような青空だ。
 展望台に登れば、360度のパノラマである。富士山も、くっきりと見える。
 膝は、大丈夫のようだ。
 休憩所のテレビでは、箱根駅伝。我が母校は、後ろから数えた方が早い。
 それでも、箱根駅伝は面白い。
 走っているコースが、普段飲み歩いている場所と重なるからだろうか。おお、もう藤沢まで来たか、とかね。

 飲み歩き駅伝なんて企画は、どうだろう。
 大手町から芦ノ湖まで、街道沿いを飲み歩いていく。全部で5つの区間に分けて、たすきを渡しながら。
 道沿いの人が、「がんばれー」なんて応援したりして。
 アンカーはもうヘロヘロで、毛布に抱きかかえられるようにゴールイン。で、最後はみんなで箱根の温泉につかり一杯やる、と。
 どこかの番組で、やってもらえないだろうか。面白いと思うんだけど。

 「酒場にいこう」としては、どうしようかな。
 とりあえず、足元を見つめたい。つまり横須賀の南部だ。
 中心となるのは、北久里浜、久里浜あたり。
 「京急本線~」も、じわじわと進めたい。
 たまには、野毛にも行きたい。
 うーん、鎌倉にも行きたいなあ。江ノ電があったり、モノレールがあったり、未知の世界が広がっていそうだ。
 趣味と絡めて、映画の後の一杯もやりたい。京橋とか、渋谷とか、池袋とか、阿佐ヶ谷とか、名画座のある場所は酒を飲むにも魅力的な場所だ。
 ブルースやソウルの聴ける店、なんてのも良い。

 ありゃりゃ、足元を見つめたいなんて言いながら、話が広がってきちゃったぞ。
 こんな見晴らしのいい所にいると、気が大きくなっちゃうんだよなあ。いっそのこと富士山の頂上で一升瓶あけるか、って死んじゃうだろ。
 実を言うと、大楠山山頂の休憩所にも缶ビールぐらいあるのだが、やはり止めておこう。
 低くたって、山は山。酒は、降りてからいくらでも呑める。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一夜明ければ 北八ヶ岳 丸山~高見石~白駒池 [山]

9月3日(月)

「なんと、これは・・・」
目の前に広がる光景に、思わず息を呑む。

北八ヶ岳2日目。
昨日の曇天が嘘のような、素晴らしい天気。
今日は、丸山から高見石を経て白駒池と言うコース。
さほど、ハードなものではないらしい。

とはいえ丸山まで登ると、結構息が上がる。
筋肉痛などは無いのだが、全体的に体力が落ちているようだ。
木道で足を滑らせ、手を着いた場所に、飛び出した釘の頭があった。
さすがに突き刺さりはしなかったが、
 少し掌を切ってしまう。
血が止まらず、またもやカットバンの出番だ。
どうにも、ドタバタである。
まったく、情けない。
 
しかしそんな思いも、高見石まで着くと吹っ飛んでしまう。
それほどここからの眺めは、素晴らしいのだ。
大きな石がいくつも積み重なっていて、多少足元に気をつけれなければいけないが、まあ誰でも登ることができる。
近くの山小屋では、テラスにリュックを置いていくよう薦めている。
上に立てば、正面に見えるのは、これから行く白駒池。
池が真っ二つに裂け、何かが飛び出してきそうである。
左手は、昨日登った縞枯山。
雨池も、ぽつんと見える。
何もかもが、素晴らしい。
中でも出色だったのが、右手の上空。
星雲のような形をした雲が、抜けるような青空をバックに、ゆっくりと回転しながら進んでいく。
このような動きをする雲を、今まで見たことが無い。
私の携帯には、ムービー機能があるのだが、下に置いてきてしまった。
まあいいや。
その分、生身の体で味わおう。
恐らくこの光景が、この旅のハイライトであるはずだ。

しばし絶景を堪能し、白駒池へ降りる。
ここは雨池に比べると、かなり広い。
湖と言っても良いくらい。
ほとりには、山小屋もある。
手漕ぎのボートだってあるくらい。
この周囲を、ぐるっと回る。
大半は、木道である。
ちょっと俗っぽいが、こういうところでのんびりするのも良いなあ。
写真など、じっくり撮りながら。
そろそろデジカメ買おうかな。

この後は、麦草ヒュッテの駐車場へ戻る。
駐車場の手前も木道があり、なかなか綺麗だった。
後は、家へ戻るだけ。
皆さんおつかれさまでした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

霧中を夢中で 北八ヶ岳 縞枯山~雨池~麦草ヒュッテ [山]

9月2日(日)

「うわっ」
取り出したカットバンを見て、唖然とした。

今日は山。
2台の車で、八ヶ岳へ。
それぞれ、スタート地点が違う。
談合坂サービスエリアで、待ち合わせ。
そのサービスエリアは、大変な混雑だ。
駐車スペースでないところに、多量に車がはみ出している。
何とか駐車スペースに、停めることが出来た。
5分程の違いで、それぞれ到着。
食事をしてない者は、ここで朝食。
私は、蕎麦を食べる。
最初、食券の番号で呼び出すシステムが判らず、うろうろする。
だんだん世の中の動きに、ついていけなくなってきたぞ。

いよいよ八ヶ岳へ向かう。
まだ、どの山へ向かうかは、未定。
本来、赤岳に登る予定だったのだが、なにせ天気が悪い。
雨は、降っていないのだが。
途中の様子を見ながら、決めることに。
結局、赤岳はやめて、北八ヶ岳になる。
泊まる所は「麦草ヒュッテ」。
その名の通り、麦草峠にある。
隊長車のカーナビが壊れ、ドタバタするが、何とか到着。

その駐車場に車を止め、宿泊の申し込み。
車のワイパーにはさんでおくようにと、紐のついたプレートを渡される。
着替えなどは、車に置いておく。
準備をしている間に、バスがガンガン駐車場に入ってくる。
みんな、観光客のようだ。
まさか、ここに泊まるわけじゃないよなあ。
恐らく、食事をとりに来たのではないか。
その後は、近くの白駒池辺りへ散策に行くとか。

こちらは、茶臼山から縞枯山へと向かう。
途中で食事。
天気が悪く、展望台でも景色が見えない。
地面も濡れていて、何度も足を滑らせる。
今年の夏は、暑かった。
それと、足の裏の出来物から来たのか膝痛も発生。
ろくに歩いていない。
膝の痛みは、一週間ほど前にやっとなくなったが。
ギリギリ間に合った状態だ。

息が上がる。
おまけに、靴もおニュー。
親指に、マメを作ってしまう。
カットバンを巻こうとするが、持ってきたものは古くて、ぐずぐずになっている。
冒頭のつぶやきは、この時のものだ。
結局、他の人間の持ってきたのを、分けてもらう。
リュックの中身も、たまに点検しないといけない。

くたくたになり、やっと雨池にたどり着く。
ポンと視界がひらける。
木々に囲まれた、なかなか風情のある場所だ。
建物などは、何も無い。
池に降り、ほとりを歩く。
点在する岩の様子から見て、増水時には、水の底になるのだろう。
やっと、楽しくなってきた。
私は、水のある光景が、好きなのだ。
前世は、かわうそではないかと思っている。
反対側まで歩き、淵に上がる。
標識があるが、少し道を間違える。
地図を確認し、木道を歩いていく。
足も
楽になる。

何とか宿にたどり着き、ここで宿泊費を払う。
大部屋2食付で、1人7500円。
ヒュッテのお兄さんが、案内してくれる。
一階は食堂、風呂、トイレ。
2階は、おそらく個室。
3階が、我々の泊まる大部屋である。
かなり広い部屋に、ずらりと布団が敷いてある。
こんなに沢山の布団が引いてある光景を見るのは、初めてだ。
布団は、左右の窓に沿って引いてあり、中央のスペースもそれなりに広い。
今の所、貸切状態。
もう一組夫婦の宿泊客がいるが、そちらは個室なのだろう。
今は、午後4時半。
食事は、6時から。
風呂は、女性は4時から6時まで。
男性は食後と、分けられている。
男性陣は、早速酒盛り。
酒盛りの前に、エアーサロンパスをシュー。
これだけで、翌日の筋肉痛がかなり違う。
しかし、凄い匂いが辺りに漂う。
しまった。
他のお客さんがいなくて、良かった。
あちこち窓を開ける。
寒くなったら、閉めるとしよう。
持ってきたウィスキーやつまみを、テーブルの上に広げる。
たいした量を飲んだわけじゃないが、結構酔っ払う。
体が、疲れているせいか。
気圧が低いと、酔いやすいのか。

時間が来て、夕食の為食堂へ。
ここでも、日本酒など飲んでしまう。
そのため、食事の中身など、あまり憶えていない。
確か、川魚があったような。
作ってくれた人、ごめんなさい。

飯の後は、風呂。
風呂桶は、一度に大人2人は一緒に入れるぐらいの大きさ。
交代で入る。
石鹸やシャンプーなどは、使わない。
しかし、体はサッパリしている。
頭も、洗わなかったのに。
ただ気温が低いだけじゃないようだ。
実を言うと、風呂に入る前から、さらさらだった。
そのまま寝ても、大丈夫だったろう。
とはいえ、風呂に入れば、やはり気持良い。

風呂から上がって、また酒盛り。
ああ美味い。
呑むものが無くなったところで、就寝。
それぞれ間をあけ、ゆったりと寝る。
布団は、厚い敷き布団が2枚。
厚い掛け布団が1枚。
それに、毛布が2枚。
最初は全部掛けて寝たが、途中で暑くなり、布団1枚に。
それでも暑い。
おまけに重い。
思えば最近こんな重い布団掛けて寝たことが無い。
楽なほうに、体は慣れる。
とはいえ、空気が良いので、寝ればぐっすりだ。

と思ったら、夜、トイレに起きる。
年は、とりたくないもんだ。
非常灯以外は、消灯している。
ヘッドライトを用意してあったはずだが、すぐには見つからない。
そのまま、階段を下りていく。
非常灯だけで、充分である。
Tシャツにジャージで、寒くもない。
去年行った立山とは、また違う。
山の懐に、包まれているような感じ
物の怪の出てきそうな気配もない。

翌日に続く。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

青空と残雪 立山2日目 [山]

8月31日(木)

山の朝は早い。
5時半には、みんな起きだす。
6時には、朝飯だ。
昨日の食堂へと下りていく。
ぐっすり休んだはずなのに、少し足が重いや。
朝食は、バイキングスタイル。
生野菜、ポテトサラダ、ゴボウの天ぷら、スクランブルエッグ、焼き魚等など。
一品ずつ取っていくだけで、大変な量になる。
昨日のこともあるし、控えめに取る。

チェックアウトをし、着替えなどの荷物はフロントに預ける。
今日は、雄山から大汝山。
昨日と打って変わって、抜けるような青空。
日が当たるので多少暑いが、なんていったって空気が良い。
汗は、昨日より出ない。
大汝山の頂上は、標高3015メートル。
私にとっては、初の3000メートル超えだ。

しかし、美しい所だなあ。
白い岩と、ハイマツや高山植物との組み合わせが、絶妙だ。
そこかしこに、雪も残っている。
聞くところによると、去年より多いらしい。
たまに、雪の上を歩く。
同じ日本でも、色々な所があるもんだ。

景色は素晴らしいのだが、歩いている内に足が動かなくなってくる。
どこも、痛いところは無い。
ただ、段々と動かなくなってくるのだ。
別に、物の怪の仕業では無い。
単なる、運動不足である。
日常生活では不自由が無かったので、自覚が無かった。
生活を、見直さなくては。

そういえば、酒飲みブログを始めてそろそろ1年だ。
始めた頃は、大変なのは最初だけで、慣れてくればスイスイ書けるもんだと思っていた。
ところが、ちっともスイスイいかない。
酒呑んだ後に書いたりするので、いつも青息吐息だ。
後で読み直すと、ハチャメチャだったりする。
それを後で、チョコチョコ直していく。
まあ、酒も文章を書くのも好きなので、続いているんだけれど。

歩くのも基本的には好きなので、何とか山も続いている。
しかし歩幅が短くなり、老人のような足取りになってきた。
何でも無い所で足を滑らせたり、捻ったりする。
青息吐息で、やっと宿まで戻ってきた。
預けた荷物を受け取り、交代で風呂に入る。
気持ちいいが、日焼けした場所がぴりぴりする。
早めに上がり、待ってる間にビールを一杯。
やっぱり美味い。

みんな揃った。
さあ帰ろう。
横須賀へ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立山で立山を 立山「雷鳥荘」 [山]

8月30日(水)

山の仲間と、立山に行く。
扇沢までは車。
市営の駐車場に、車を置く。
扇沢からは、立山黒部アルペンルートで室堂まで。
往復で8800円。

トロリーバスでトンネルを通り、黒四ダムへ。
このトンネル、途中、破砕帯という場所があり、大変な難工事だったようだ。
確か、その時のことを描いた「黒部の太陽」って映画が、あったな。
観たことは無いが。
一度、観てみたい映画の一つだ。

一見すると、今日のダムの水は、少な目のよう。
今年はこの辺り、大雨じゃなかったっけ。
などと言っていると雨が降り出し、すぐに土砂降りになる。
あわてて傘を取り出す。
余計なことを、言うんじゃなかった。

ケーブルーカーやら、ロープウェイやらを乗り継ぐ。
最後はまた、トロリーバスに乗る。
いまや、日本の中でトロリーバスが走っているのは、この路線だけのようだ。
昔は、横浜にも走っていたのになあ。
なぜトロリーかというと、走っている場所が長いトンネルの中だから。
こちらも途中破砕帯がある。
真上は、立山雄山。
このルートが開通する前は、正に秘境だったのだろう。

室堂に着く。
駅のコインロッカーに大半の荷物を入れ、浄土山へ。
室堂一帯は、とてもきれい。
何か絵画の中にでも、居るようだ。
長いトンネルを抜けてきたので、別天地へやってきた感が強い。
山の上は、あいにく天気が悪く、途中からは雨。
汗はじゃんじゃん出るが、止まると寒い。
荷物を取り、宿泊場所の「雷鳥荘」へ。
谷からは硫黄の匂いが漂い、温泉のある場所に行くのだという気分が、盛り上がる。

宿では、浄土山をパスした組が、お出迎え。
部屋は角部屋でテラスがあり、なかなか良い。
一休みして、いざ温泉へ。
階段を、下へ下へと降りていく。
蒸気は、谷から上がっていたものなあ。

洗い場は、広々としてきれい。
但し、そこにある浴槽は、普通の風呂。
少し歩くと、展望の良い温泉の浴室。
ヒノキの浴槽。
こちらは、去年出来たようだ。
最近は温泉施設も色々あるが、やはり山の温泉は格別だ。

さっぱりした後は、自販機でビールを買い部屋で寛ぐ。
最高だ。
ただここで呑みすぎると、晩飯前に寝ちゃう可能性あり。
ほどほどにする。

夕方6時になり、晩飯。
食堂まで、歩いていく。
食堂も、きれいだ。
とても、山小屋レベルではない。
鍵を見せ、決められた席に着く。
シーズンを少し外した為に、結構すいている。
3分の1ぐらいか。
メインの食事はテーブルに並べられ、ご飯や漬物は各自で。
ビール、日本酒、ワインは別料金。
その場で払う。

隊長が、立山銀嶺の四合瓶を調達。
1500円だったかな。
さっぱりとして、呑みやすい。
やはり、立山では立山だ。
夕飯は肉から魚まで品数が多く、つまみには困らない。
食の細い人間は、残しそうだ。
私はと言えば、調子に乗り、人の分まで食べてしまう。
もっと飲み食いしていたいが、明日も早い。
山も登るし、今日はこの辺にしておこう。

朝が早かったので、もう眠たくなってきた。
布団を敷き、横になるともうだめ。
8時前に、寝てしまう。

ところが、夜中に腹が痛くなる。
おやおや、ちょっと飲み食いしすぎたか。
トイレは部屋には無い。
廊下の向こう。
静まり返った長い廊下を歩く。
この感じは、久しぶりだ。
「花田少年史」を観たばかりなので、ちょっと不気味。
トイレの前は、広い洗面所。
沢山の鏡がある。
若い男性が、1人いる。
その脇を通り、私はトイレへ。
用を足し出てみると、誰もいない。
鏡に、自分の顔を映してみる。
そこに見知らぬ男の顔が映っていたりすれば、夏向きの怪談だが、勿論そんなことは無い。
ふらりふらりと、自分の部屋に戻るのだった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。