So-net無料ブログ作成
検索選択
ベイスターズ ブログトップ

なんと3連勝 [ベイスターズ]

8月17日(日)

午前中ばたばたし、午後はゆったり。
テレビで、高校野球を観る。
横浜高校対大阪桐蔭戦だ。
エース土屋が桐蔭打線につかまり、力負け。
でも今年の横浜高校、良いチームだったなあ。
主砲筒香が2年生だし、来年も楽しみだ。

夜はプロ野球
横浜・阪神戦である。
昼間の高校野球と似たような組み合わせだ。
前半戦は、コテンパンにやられてる
しかし、ここのところベイが勝ってるのだ。
今日は、どうだろう。
横浜の先発は吉見。
えー、吉見?大丈夫かな。
ところが、この吉見が大活躍。
投げては、8回一失点。
打っては、3安打の猛打賞だ。
佐伯の一発も出て、スカッとした試合だった。
更に若い石川、藤田がそれぞれ2安打。
特に石川は、村田の留守を守って安定した働きをしている。
そして内川は3安打。
堂々の首位打者復帰である。
ドラ1とはいえ、内川が首位打者を狙う選手になるとは、判らないもんだなあ。
後は、吉村の一発が見たかったが、贅沢を言えばキリがない。
とにかくどん底の、今年のベイ。
しかし、やっと未来への光が見えてきたぞ。


nice!(0)  コメント(0) 

男前  [ベイスターズ]

9月24日(月)

テレビで、横浜阪神戦を観る。
4回で3点ずつ取り合い、先発が降りる、ちょっと大味な展開。
横山は、満塁から押し出しのフォアボール出すし。
ところがドラマは、終盤に来た。
1点ビハインドで迎えた、8回の裏。
阪神のピッチャーは、守護神、藤川。
2アウト1塁、2塁でバッターは佐伯。
外角高めの直球を、ひっぱたく。
玉はレフトの頭上を越え、フェンスに直撃だ。
2点入り、逆転の2塁打になった。
9回の表を締めたクルーンも、気合の入ったピッチング。
勝利が決った時の、佐伯の嬉しそうな顔。
かみしめるような、ヒーローインタビューも、良かったね。


nice!(0)  コメント(0) 

2夜連続の [ベイスターズ]

7月13日(金)

ヤクルト館山、横浜三浦の息詰まる投手戦。
0対0で迎えた延長10回の裏。
仁志のレフト前ヒットで、野中が2塁からホームイン。
2試合連続の、サヨナラ勝ちとなった。
昨日の工藤、佐伯に続いてベテラン勢の活躍が、目に付く。
こうやって踏ん張っている間に、若手が出てきてくれ。


nice!(0)  コメント(0) 

ほっ [ベイスターズ]

5月6日(日)

2連敗で迎えた、ナゴヤドームでの3戦目。
中日の先発は山本昌。
横浜は土肥。
村田、吉村の一発で先制。
終盤には相川のタイムリー3塁打が出て、突き放す。
点差が開いたので、最後はクルーンではなく、牛田で締めた。
苦手な名古屋で1勝2敗なら、御の字だろう。
もしかしたら、2勝1敗だったかも知れないし。

でも、最後、ウッズには一発を浴びた。
やっぱり怖いぜ、ウッズ。
今日の勝因は、ウッズの前に走者を出さなかったことだろう。
でも、いつも都合よく行くとは限らない。
なんとかウッズ対策を考えなくてはいけないな。

nice!(0)  コメント(0) 

ありゃりゃ [ベイスターズ]

5月4日(金)

今日はナゴヤドームで中日戦。
横浜の先発は寺原。
中日の先発は左腕の小笠原。
両投手とも良く粘り、5回までゼロゼロ。
しかし6回の裏、ウッズに手痛い一発を浴びてしまった。
さすがに凄いバッターだ。

巨人も勝ち、横浜は結局一日天下だった。

nice!(0)  コメント(0) 

やったー [ベイスターズ]

5月3日(木)

今日はハマスタで、阪神戦。
先発は吉見。
いきなり点を取られるが、すぐに追いつく。
その後も、着々と加点。
このまま楽勝かと思われたが、エラーもあって8回に追いつかれる。
ところがその裏、4番村田のホームラン
しかも相手は、ウィリアムスだ。
9回の裏は、当然クルーン。
きっちり3人で抑えて、勝利を掴む。
林威助には、全球フォーク

相川のリードは面白い。
そういえば、牛田をリードしてシーツに対した時は、全部内角高めのストレートで三振とっていたっけ。

もっとも本当は、楽に勝っていなければいけない試合だったのかもしれない。
しかしこんな試合でも、踏ん張る事が出来たのは、地力がついた証拠だ。

一方名古屋ドームでは、中日が巨人を大逆転。
てことは、ゲーム差無しだが、横浜が首位だ。
今の時期で順位を云々してもしょうがないが、やっぱり嬉しい。


nice!(0)  コメント(0) 
ベイスターズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。