So-net無料ブログ作成

浮いてる男と、きれいなおねえさん 熱海五郎一座「男と女の浮ついた遺伝子」 [演劇]

6月29日(火)

 池袋のサンシャイン劇場に、芝居を観に行く。
 こちら側は、めったに来ない。
 途中、熊本ラーメンの「桂花」で太肉麺(ターローメン)を食べる。
 特に、どうってことは無い。
 昔、うちの近所に「火の国大将」って店があって、そこのターローメンがお気に入りだったのだ。スープも白くて、なかなか衝撃的だったのだが。
 もっとも結構前の話なので、今食べるとどう思うかわからないけど。

 芝居は、熱海五郎一座の「男と女の浮ついた遺伝子」。
 なんと、あの春風亭昇太と水野真紀のラブ・ストーリーである。
 しかし、タイトルから想像されるような艶笑コメディーではなく、なんとも物悲しいお話。
 物語の骨格は、カルト教団とそれを捜査する警察との攻防戦。
 これに2人の恋物語が絡むのだが、実は・・・・・・。
 てな感じからわかるように、よりSET色が強い物になっている。
 でも、やっぱり「熱海五郎一座」。
 この舞台は、春風亭昇太と水野真紀だからこそ成り立ったともいえるのだ。
 まあ水野真紀は、ゲストだけど。
 この二人が出ているシーンはおしゃれで、ハリウッド映画を観ているよう。
 ジャック・レモンが主役であっても、おかしくないぐらい。
 それを、リック・モラニスでリメイクしたりして。
 後、今回良かったのは渡辺正行か。
 といっても、何か凄い演技をしたとかじゃあなくて、その逆。
 いつものちゃらんぽらんキャラを少し抑えて、渋く決めるところは決める、てえところ。
 途中、東MAXにずいぶんつっこまれるのだが、正直、あれもいらないぐらい。
 今までは、渡辺正行の悪ふざけが、足を引っ張っていたと思うのだ。
 「待たせたなー」みたいなコント赤信号ネタは、もういいような気がする。
 もし使うのなら、ここぞという所で。
 たとえば、危機に陥って絶体絶命みたいな時に颯爽と現れて一言、みたいに。
 今回、ラサール石井がいないのが、逆に良かったのか。
 SETの三宅・小倉コンビはいつもどおり。
 白戸直子・丸山優子の「きんかん」コンビの歌も素晴らしかったが、これはもう当たり前。ずっとレギュラーの河本千明に注目したい。
 全体的に、一体感が生まれてきた。
 正直「伊東四郎一座」も含めて、こっちの方は大して期待もしなくなっていたのだが、これなら次も、ぜひ観てみたい。

 芝居の後は、いつもなら飲み歩くところだが、今日は帰らなくてはならない。
 でも、直帰もつまらない。
 ということで、駅のフードコートで生ビール(380円)に赤貝の缶詰(150円)。
 更に酎ハイ(350円)も呑む。
 基本的にはラーメンやカレーなど食べるところなのだが、簡単に飲むことも出来る。
 今まで気がつかなかったが、こりゃあ便利なところだ。
 帰りは湘南新宿ラインで、ばっぴゅーん。
 池袋から座れたし、こっち方面は便利になったなあ。 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。