So-net無料ブログ作成
検索選択

多摩川スワンプでバーボン 新丸子「デレク&ドミノス」 [川崎]

2月25日(月)

 今日は休日。
 東横線の新丸子へ。
 特急で武蔵小杉まで行き乗り換え。来た電車に乗ったら多摩川駅だった。
 一駅戻らなきゃ。
 まさに間抜けだ。
 

 目指すは、ロックバーの「デレク&ドミノス」。
 駅の東口を出て、商店街をまっすぐ。
 綱島街道をまたぎ、少し行った右手。
 HPによると昔のアメリカンロックとバーボンの店らしい。
 カジュアルな店構えで、すっと入れる。
 中は左右にカウンター。
 右手のカウンターの中に男性が一人。
 時間が早いせいか(18時15分くらい)先客は無し。
 とりあえず人のいる側のカウンター席に座り、生ビールを頼む。
 つまみにはカレースナックナッツというもの。
 カレー味の豆のスナック。確か300円。
 バックバーにはバーボンのボトルがずらり。
 BGMはアメリカンロックが控えめの音量で流れている。
 これなら寛げそうだ。
 様子を見ながら店の方とバーボンの話など。
 といっても、こちらには語るほどの知識はない。
 
 
 店の人も薀蓄披露系ではないようだ。
 私はオールドクロウを頼み、ビームスチョイスに行く。
 ビームスチョイスがある店は珍しい。
 美味い記憶があったのだが、あらためて飲むとさほどでもない。
 
 結局、オールドクロウへ戻る。
 オールドクロウのボトルは、そこいらで見かけるものとは違う。
 きけば90年代頃のラベルとのこと。
 もっとも中身は現行の物だ。
 やがて音楽の話へ。
 今かかっているのは、ドゥービー・ブラザーズのCDだ。
 再結成後の奴で、今のところの最新版である。
 私は持っていないが、なかなか良い。
 少しずつお客さんが入ってくる。
 やがて女性スタッフも入ってきた。
 最初からいた男性はマスターのようだ。
 客は常連さんが多いようで、店が賑やかになる。
 しかし、まったりとした雰囲気は変わらない。
 これはマスターの人柄によるものかな。
 つまみが無くなり、キャベツパニック(350円)というものを頼む。
 
 ざっくりと切った生のキャベツに味噌が添えてある。
 キャベツも味噌もなかなかうまい。
 しかし、このタイミングで頼むには量が多かった。
 それでもバリバリと食べ、そろそろお勘定と思っていたらマスターから声がかかる。
 話の展開から、サニー・ランドレスやらロス・ロンリーボーイズなどもかけてもらう。
 常連さんもいるので恐縮である。
 最終的には生ビール1杯、バーボン4杯、つまみ2品で3920円。
 ああ、楽しかった。
 私が落ち着くのは、どうもこういう場所のようだ。
 駅に向かう途中「すき屋」でカレー南蛮牛丼。
 これできれいに収まるはずが、衣笠でまたモスバーガーによる。
 俺ってやつは。
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎サクサク 川崎 TOHOシネマズ川崎「パイレーツ・オブ・ロック」 「立ち呑み天下」「元祖 立ち飲み屋」 [川崎]

10月28日(水)

 川崎に、映画を観に行く。
 まずは恒例の「天龍 銀座街店」で、五目かたやきそば(735円)。
 チケットを買ってから、タワーレコードで「ブルースソウル・レコーズ」と、「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」を買う。
 
 時間になり映画館へ。
 観たのは「パイレーツ・ロック」。
 1966年のイギリスを舞台にした、ロック・ムービー。
 当時、実際にあった海賊放送局がモデルらしい。
 いきなりキンクスから始まる。曲は確か「All Day And All Of The Night」。
 これでもう、つかみはOKだ。
 イギリスのロックの青春時代が、軽快に描かれていく。
 この軽快さが、気持良い。
 映画としちゃあ、つっこみ不足のところも多々ある。だから、かかっている音楽に思い入れがあるかどうかで、印象は変わってくるだろう。
 私は同時代的には、ずれている。しかしキンクスが好きだったこともあって、古い音楽はレコードでずいぶん
聴いていた。
 「キャデラック・レコード」もそうだが、最近、面白い音楽映画が作られている。
 この調子で、バリバリ作ってもらいたい。
 「ルイ・ジョーダン物語」とか「サム・クック物語」なんてあったら、絶対観てみたいもんだ。

 映画の後は、いつもの「立ち呑み 天下」。
 アサヒスーパードライ大瓶(450円)。つまみはポテトサラダ(240円)。
 690円払って、カウンターにつく。
 もう結構先客がいて、楽しそうだ。
 立ち飲みも、やはり軽快さが気持ちいい。
 私も、さっくり次の店へ。

 やはり定番の「元祖 立ち飲み屋」。
 ホッピーセット(450円)に、牛モツ煮込み(300円)。
 ホッピーは、たっぷりの氷入り。ホッピー入れても半分以上あまる。
 いつもは、あんまりやらないんだけど、ナカ(100円)だけお代わり。
 つまみに、チキン南蛮(350円)。
 さくっと飲み食いして 計 1200円。 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎で南極 川崎「天龍」「TOHOシネマズ川崎」「元祖 立ち飲み屋」 [川崎]

9月1日(火)

 川崎映画を観に行く。
 映画館は、TOHOシネマズ川崎。京急の駅に近い川崎DICEの上にある。
 昼飯はDICE近くの「天龍 銀座街店」。12時前なので並ぶことなく入店できた。冷やし坦々麺と餃子を頼む。餃子は小ぶりで、野菜多め
のアッサリした物。

 飯食った後、とりあえず映画のチケットを買う。「本日は大変混んでます」とのこと。上映時間までまだ1時間以上あるのに、席はかなりうまっている。隣のいないところなんていう選び方は出来ない。もっとも、今からそんなこと言っていても、あまり意味ないけど。

 チケットを買い、また外に出る。
 DICEにゃあ「HMV」も「あおい書店」も「東急ハンズ」も「さくらや」もあって、時間つぶしには困らない。が、
やはり街の空気を吸いたい。
 今日は台風一過。日差し強く、気温高く、空気は乾いている。
 チネチッタの前の通りでは、頭上のパラソルから水蒸気のような物を噴霧している。「20世紀少年」を観た後だったりしたら、不気味だろうなあ。

 タワー・レコードで「ブルース&ソウル・レコーズ」を買う。今回の表紙はジョニー・ウィンターだ。最初、ブルース・コーナーに行ったら無かった。発売月を勘違いしてたのかなと思ったら、雑誌売り場に一冊だけあった。売れてるのだろうか。
 チッタに代表されるように、お洒落になった川崎。だが街を歩けば、まだ「Down And Out Blues」的な気分も残っている。

 
時間になり、DICEに戻る。
 映画は「南極料理人」。
 舞台は南極の奥地にある、ふじドーム基地。標高は富士山より高い極寒の地。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスすら生きることが出来ない。当然生活は制限され、ストレスのたまることもある。とはいえ話しそのもは、割とゆるゆると進んでゆく。
 これがハリウッドなら、もっとドラマチックに盛り上げるんだろうなあ。
 いつ、氷の中に謎の物体が発見されるかとドキドキしたが、気配すら無い。勿論、ペンギンが歌い踊るようなことも無い。

 主役は堺雅人。基地の料理人だ。したがって食事のシーンが多い。
 一番面白かったのは、ラーメンをめぐるエピソード。
 好きな人にとっては、ラーメンの無い生活ってのは、悪夢だろう。
 「究極の単身赴任」てえキャッチフレーズが付いていたが、確かにそうかもしれない。これ以上となると、宇宙か。
 もっとも、1年半っていう期間限定。気心の知れた仲間はいるし、案外楽しそうだなあという気分にもなるけど。
   
 映画の後は酒。
 終わった時間が16時近かったので、線路の向こうの「元祖 立ち飲み屋」へ向かう。
 もうすでに数人飲んでいる。カウンターの真ん中にとりつき、まずは生ビール(350円)。
つまみは、牛モツ塩煮込み(300円)にした。
 
 単身赴任じゃなくても、川崎あたりなら出張で来ている人もいるかもしれない。私自身はその手の事にあまり縁が無いが、出張馴れしている人にとっては、行った先の街で一杯なんてのは、なかなかの楽しみなのではないか。
 経費削減で余裕が無ければ、こういう安い店も有るわけだ。

 客が、どんどん入ってくる。ほとんどの人が、マグロの刺身を頼んでいる。見れば、なかなか美味そうだ。
 ビールの後は、生レモンサワー(300円)。グラスのはしに引っ掛けてあるレモンを自分で絞り、残りはサワーの中へ。これで煮込みを片付け、更にレモン。それとマグロステーキ(300円)を頼んだ。刺身とも思ったのだが、煮込みの後だ。壁に張ってある本日のお勧めも、マグロステーキである。
 出てきたのは、表面を軽くあぶったタタキ風の物。下はスライスしたタマネギ、上には刻んだ浅葱がたっぷり乗っている。

 両方平らげて、計 1550円。
 うーん、リーズナブル。
 駅から近いし、仕事帰りに軽く一杯なんてえ人には、最適だろう。
 前にも書いたが、本日のお勧めの下に明日のお勧めが書いてあるのが面白い。これを見て、明日も来ようとか、明日は止めておこうなんて考える人って、いるのだろうか。

 
帰りの電車はいささか混んだが、これはもうしょうがないかな。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

移転先は駅の向こう 川崎「立ち呑み天下」 [川崎]

7月23日(木)

 川崎の映画館に「ディア・ドクター」を観に行く。
 監督 西川美和 主演 笑福亭鶴瓶
 僻地医療の話だが、社会派と言うよりは奇妙な味の物語。

 映画が終わってから、「あおい書店」でクレイグ・ライスの「暴徒裁判」(ハヤカワ・ミステリ文庫)を買う。文庫版は早川書房のホームページにも無いのだ。同じく「大はずれ殺人事件」や「大あたり殺人事件」もHPには無いが、ここにはある。書店の在庫ってやつだろうか。古本ならともかく、新品でもこういうことがあるってのは面白いなあ。

 さて、では一杯やろう。まだ15時台だ。開いている店は幾つか有るが「立ち呑み天下」にしようかな。前回来た時の話しからして、もう移転しているはずだ。とりあえず以前の場所に行ってみる。やはりビルは立替中だが、移転先は書いてある。京急の線路の向こう側で、目印は「東横イン」だ。
 交差点を渡り、駅前を通り過ぎて、砂子(いさご)の交差点を左折。2つ目の路地を覗き込むと、先の方に「東横イン」が見えた。正確には「東横イン川崎駅前砂子」である。その交差点を左に覗き込むと、右手先に看板が見えた。
 店に入ると、明るいクリーム色の化粧板。先客が2人。カウンターの上には、ずらりと料理。カウンターの中には、親父さんという、以前と変わらぬたたずまいである。
 私は奥に進み、瓶ビール(スーパードライ大瓶430円)を頼む。つまみは、おから(240円)。親父さんは「おから?」なんて怪訝そうだったが、ビールにおからは良く合うのだ。飲み物とつまみが揃った段階で、670円払う。後は頼むたびに払っていく。
 店の奥のテレビでは相撲。店の中の話題も相撲だ。
 厚揚げの煮付け(240円)も頼む。これはレンジで温めてもらう。
 そこへ客が入ってきて、そちらも厚揚げ。私のがレンジに入っているため、空くのを待って次のが入る。ここの煮付けは、甘めで濃い味つけ。
これがまたビールに合うのだ。
 それにしても、目の前にずらりと食べ物が並んでいるというのは良いもんで、そういえば、昨日行った藤沢の「昇」もそうだった。
 ここは立ち飲みなので、あっさりいこう。「ごちそうさま」と言って店を出る。
 「いつもありがとうございます」と親父さん。それほど来てないけれど、次に来るのはいつだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎立ち飲み2軒 川崎「元祖立ち飲み屋」「立ち飲み天下」 [川崎]

5月20日(水)

 段々暑くなって来た。日差しは強いが風もあって、からりとしている。京急に乗って川崎へ。
 先日行った「元祖立ち飲み屋」へ入る。時刻は16時ちょっとすぎ。先客は無し。先日の賑わいが嘘のようだ。L字のカウンターの長辺の真ん中あたりにとりつく。
 まずは生ビール(350円)。つまみに、本日のお勧めのセンマイ刺し(300円)を頼む。お勧めのボードには明日の分も書いてあって、刺身の2点盛りだか3点盛りだかである。 本日のお勧めってのは良くあるが、明日のお勧めを見たのは初めてだ。パリーグの予告先発みたいなものか。
 センマイ刺しには、酢味噌が添えられている。ビールの後は何にしよう。一押しらしい角ハイは先日呑んだ。梅ハイってのがある。カウンターの中をのぞけば、角の横には梅酒のでかボトル。ちょっと興味があるが、今日はホッピーにしよう。他の飲み物はだいたい350円だが、ホッピーセットは450円。ホッピーも高級品の仲間入りか。ちなみにナカは100円。ソトは350円。出てきたのはたっぷりの氷入り。ホッピーは3分の1ぐらいしか入らない。しかもマドラーつき。どうもこのマドラーってのは、邪魔である。氷が多いので良く冷えてはいる。
 つまみに牛煮込み(300円)を追加。先日は味噌だったので、今日は塩で。
 厨房の中央にはIH調理器に乗った大なべが3つ。味噌煮込み、塩煮込みと、もう一つは肉豆腐だろうか。IH調理器ってのは、煮込みやおでんなどには重宝な物かもしれない。
 ナカ(100円)を頼む。逆さにセットされた大瓶から焼酎を注ぎ、更にたっぷりの氷を入れる。残ったホッピーを注ぐがまだ余る。今度は、少し呑んでから継ぎ足すことにした。
 奥の棚には色々な酒瓶が並んでいて、そのナカには亀甲宮焼酎(キンミヤ)の一升瓶もある。ホッピー、150円と書いてある。メニューには見当たらないが、「ホッピー、キンミヤで」と言えば出てくるのかな。
  計 1500円

 店を出た後、京急の駅に向かう。小さなスクランブル交差点の手前に「立ち飲み天下」という店がある。以前入った事がある。せっかくだから、ここにもよろう。
 細長い店内は、左右にカウンター。左のカウンターの上にはラップのかかったつまみの皿がずらりと並んでいる。カウンターの中にはおじさん、おばさんが1人ずつ。こちら側には3人ほどの先客がいる。
 瓶ビールを頼む。アサヒスパードライ大瓶 430円。おっと、「富士屋本店」より更に安い。カウンターの上のつまみから厚揚げの煮付けをとる。
 「これください」「温めますよね」「お願いします」で、レンジでチン。
 厚揚げは240円で、計670円払う。
 他の料理もだいたい240円のようだ。皿の乗ったカウンターは手狭なので、向かいに移動。と言っても、すぐそこである。
 厚揚げの煮付けは甘めだが、なかなか美味い。
 お客さんが店の人と、移転の話をしている。どうやらビルの立替があるようだ。そういえば「立ち飲み屋」のあった望郷横丁は、ここの裏手だったっけ。
 「丸大ホール」だって、ビルの立替で移転している。工場の街のイメージが強い川崎も、時代の流れの中にいるわけで、これからもどんどん変わっていくに違いない。
  この店がどこへ移転するのかは訊かなかったが、そのときには張り紙ぐらい出るだろう。ぶらぶらしていて、おお、こんな所になんてのも一興だ。
 お客さんと少し世間話をしてから店を出る。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10年ぶりの再会 向ケ丘遊園「白木屋」 [川崎]

8月25日(金)

沖縄から、古い友人がやってきた。
先方の希望で、向ケ丘遊園で会うことになる。
向ケ丘遊園ってどこだ?
パソコンで調べる。
便利な時代になった。
同じ神奈川県だが、行くのには結構手間がかかる。
まず、京急で横浜へ。
東横線に乗り換え、武蔵小杉へ。
駅前を、少し歩く。
昔、この近くでアルバイトをしてたことがあり、今日会う友人も当時のバイト仲間だ。
久しぶりに降りたが、何だか変わっており、さっぱり判らない。
裏通りには、幾つか魅力的な酒場が有る。
今度、呑みに来よう。

南武線に乗り換え、登戸ヘ。
更に小田急に乗り換え、一駅で向ケ丘遊園。
久しぶりにラッシュ時の電車に乗り、疲れた。
初めての向ケ丘遊園は、意外とにぎやか。
少し早く着いたので、駅前の地図を眺める。
近くに緑地があったり、一つ手前の登戸は多摩川のそばだったり、住むのには良さそうな所だ。
ここは今日会う友人が、昔住んでいた所なのだ。
ややあって、十年ぶりの再会。
見た目は昔と、全然変わっていない。
お互い、五十近いのに。

今日はもう1人、すこし遅れてやってくる。
それまでに、飲む場所を決めておこう。
2人で、ぶらぶらと町を歩く。
彼は、ここを離れて何十年も経っているので、感慨深げだ。
ビルが沢山建ち、とても変わっているらしい。
途中で突然、靴の中敷を買うと言い出す。
相変わらず、行動が読めない。

駅前の飲み屋は、ビルに入ったチェーン店が多いようだ。
泡盛が呑みたいということで、沖縄フェアをやっている白木屋へ。
先に入って、呑んでいよう。
もう1人は、駅に着いたら電話をもらうことにしてある。
この手の店なら、携帯が鳴っても多少気が楽だ。

しかし、便利な時代になった。
昔は、ばらばらに集まって飲み会をする時は、大変だった。
特に、あらかじめ店が決っていない場合。
もしくは、当てにしてた店が、たまたま休みだった場合。
一人だけ、現れない人間がいたりして。
しょうがないから店を決め、一人だけ待ち合わせの場所に立ってたりして。
大抵は一番若い奴が、その役目。
で結局、その人間は、最後まで現れなかったりして。

とりあえず生ビールで乾杯し、再開を祝う。
昨日あったばかりのように、すっと話に入れる。
彼の人徳だ。
携帯がなり、もう1人が駅前に着いたとのこと。
場所を説明する。
と同時に、生ビールを頼んでおく。
どちらも、ピッタリのタイミングで現れる。
今日は、この3人で全員。
他にも何人か連絡を取ろうとしたが、取れなかったらしい。
電話一本で大勢が集まるのは、もう難しいのだろう。

3人で、あらためて乾杯。
今の暮らしの話から、昔話へ。
酒は、ビールから泡盛へ。
沖縄の友人は昨日、秋田へ行ってきたのだが、日本酒が口に合わず閉口したらしい。
やっぱりね。
鹿児島の人も、だいたい日本酒苦手だな。

さて泡盛、泡盛。
ところが沖縄フェアのメニューには、泡盛が見当たらない。
どういうフェアだ。
店のお姉さんに訊くと、泡盛あるとの事。
ボトルでとって、ガブガブ呑む。
ああ楽しい。

以前沖縄に行った時も、楽しかったなあ。
最初に訪れたのは、20代の頃。
とにかく食べ物が、安くて美味い。
昔は今ほど、沖縄料理もポピュラーじゃなかった。
ゴーヤーチャンプルーもソーキソバも、その時初めて食べたが、最初から口に合った。
道端で売っている弁当なども、美味かったなあ。
居酒屋で、とっかえひっかえ色々な泡盛を飲ませてもらった事もあった。
呑み比べと称して、水で割らずに呑んでいたので、最後はべろべろになった。
オリオンビールの工場見学にも、行った。
沖縄で呑むオリオンビールは、格別だ。
札幌で呑むサッポロビールも、美味かったが。
やはりその土地の酒は、その土地に良く合っている。
勿論食べ物も。
だから本当の一番は、家庭料理。
年寄りの作るものほど、美味いようだ。

独身時代、結婚してから、子供が出来てから。
3回行ったが、やはり独身時代が一番思い出が濃い。
いくら話しても話は尽きない。
子供と一緒に行った時など、どこに泊まったのかすら憶えていない始末。
不思議なものだ。

11時になり、私はタイムアップ。
お勘定にする。
確か八千円台。
あっという間の、3時間だった。

今度はこちらが、沖縄に行ってみようかな。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

残暑のブルース2 川崎「丸大ホール(仮店舗)」 [川崎]

9月14日(水)

台風15号から変わった低気圧が、日本海を進む。
関東地方には、強い南の風が吹き荒れた。
昨日より暑い。
風が乾いているのが、救いだ。

今日は川崎で映画
「サマー・タイムマシーン・ブルース」。
本広克行監督。
あの踊る大捜査線シリーズなどで有名なヒットメーカーだ。
岡本喜八監督亡き後、名前だけで観に行こうと思う唯一の人。
今回は、かなりの変化球。

夏休み
大学のSF研。
クーラーのリモコンが壊れてしまった部室に突然タイムマシーンが現れる。
そこから始まる、みみっちくもてんやわんやの物語。
やっぱり面白いぞ、本広監督。
大作ぞろいの今年のSF映画の中で、異彩を放っているなぁ。

そういえば、昔はSF小説もよく読んだ。
ご多分にもれず、最初は星新一。
新潮文庫の「ボッコちゃん」に入っている「おーいででこーい」が印象深かった。

舞台は、都会から遠くない村。
台風によるがけ崩れで、村はずれの社が流されてしまった。
そしてそこには、直径1メートルほどの穴が。
底無しで、何でも飲み込んでしまう穴。
なかなか魅力的な設定だ。
ここから始まる騒動をもっと膨らませれば、映画にも出来るかもしれない。
スピルバーグあたり作らないかな。
本広監督でもいいぞ。
全然違う映画が出来そうだけど。

というわけで、本日の店は川崎の大衆酒場兼食堂「丸大ホール」。
丸くて中の大きな穴→ホールからの連想。
ちょっと強引かな。

京急川崎駅を出て、右前方へ行き信号を渡る。
ゲーセンの脇を進み、また信号を渡り右折。少し行った左手。
以前は古くて趣のある建物だったが、今そこはビルの建設中。
店は隣の建物の1階で営業している。
ビルが完成すれば、元の場所に戻るのだそうだ。
一度気づかずに入ってしまい、中の様子が違うので、店のおばちゃんに尋ねたことがある。

大衆酒場と書かれた綺麗な紺の暖簾をくぐり店に入る。
テーブルと小上がり。
昼の12時少し前だが、客で一杯。
テーブルに相席で座る。
小上がりでは10人ぐらいのグループが宴会中。
1人客も含め全員が飲んでいる。
刺身や肉じゃがで飲んでる人もいれば、定食やラーメンで飲んでる人もいる。
まずはビール。キリンラガー大瓶(550円)。
お通しはキュウリの漬物
つまみはポテトサラダ(300円)と、カツ皿(550円)を注文。
すぐポテサラが来る。
刻んだキャベツが添えてあり、ボリュームもある。
キャベツにソースをかけると、ビールによく合う。
カツ皿が着たので、ハイサワー(300円)を注文。
カツ皿とは、要するにカツ丼の上の部分だけを皿に盛ったもの。
結構汁が多い。
うーんこりゃ良い。
昔ならカツ丼にビールだろうが、最近はちょっときつくなってきた。

年をとることで失ったものは多いが、得たものも多いはずだ、と思いたい。

お勘定は、計1700円。
今日は得たものの方が多かったようだ。

他にも、頼んでみたいつまみが色々。
次はビルが出来てからでも、来てみたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。