So-net無料ブログ作成
検索選択

マリーセレスト? 横須賀中央「天国」 [横須賀]

1月23日(木)

 午前中DVDで「ブルドクター」を観る。
 江角マキコ、石原さとみ、志田未来と主役級女優を3人も使った贅沢なドラマ
 しかし、
ここで注目は小日向文世。
 私の見るドラマや映画には、この人がやたらに出てくる。
 元々は「オンシアター自由劇場」の人だ。

 家族が出かけてしまって、昼飯は外食。
 久しぶりに「麺屋こうじ」に向かう。
 勢い込んで開店5分前に到着。
 シャッター半開きの状態。
 開店待ちの人間はいない。
 ちょいと散歩し11時30分ぴったりに店頭に戻る。
 暖簾が下がっているので、勇んで入店。
 すると何たること。
 店の中には5人の先客が席に着いている。
 たった5分の間に何があった。
 まあいいや。
 券売機で期間限定ラーメンの豚バラ煮込みそば(850円)のチケットを購入。
 「中盛りで」と言いながら券を渡しカウンター席に着く。
 カウンターの中は厨房で、待っている間も飽きない。
 店は小ざっぱりと清潔で居心地が良い。
 相性のいい店が近所にあってよかった。
 出てきたラーメンは、ここにしては色が濃い。
 醤油スープに浸ったラーメンに醤油色のあんかけ。
 具は豚バラ、シイタケ、タケノコ、味玉、チンゲン菜。
 麺はストレート、中細、自家製。
 中盛り(1.5玉)まで普通料金。
 弾力が心地いい。
 スープは醤油味だが、思ったほどしょっぱくない。
 インパクトを求める向きには物足り無いかもしれないが、その代わり鼻につくこともない。
 定期的に新メニューは出るし、日常使いにはもってこいだ。

 
午後はダイエーで映画。
 「トリック劇場版 ラストステージ」である。
 トリックシリーズ最終作とのこと。
 海外ロケで多少スケールアップ。
 しかし、あの独特の雰囲気は変わっていない。
 そのうち最初からおさらいでもしようかな。

 映画の後は中央まで歩いて「天国」。
 店に入ったのは16時半頃。
 いつもならもう結構にぎわっている時間だ。
 ところが広いカウンター席には誰もいない。
 何かあったのかと一瞬ひるむ。
 何せ「トリック」観た後だ。
 スタッフの姿もないが奥の座敷には客の姿。
 貸切か。
 恐る恐るカウンター席に着くと、いつものおばちゃんがやってきた。
 燗酒(300円)とカブの糠漬け(250円)を頼む。
 どちらも速攻で出てきた。
 ただ単に空いていただけみたい。
 こんなことは初めてだが。

 燗酒(百万石)は美味い。
 糠漬けは優しい味。
 ただ、ここには刺身類が少なく、日本酒に合うつまみが限られているのが難点だ。
 後はやっこ、タコブツ、エイヒレぐらい。
 料理そのものはたくさんあるが、ビール、焼酎系に合うものばかりである。
 酒を飲んでいると、体が温まってきた。
 ちょっと暑いぐらい。
 暖房のせいもある。
 この温度もビール、焼酎(酎ハイ)に合わせてのことだろう。
 燗酒をお代わりし、タコわさ(490円)を頼む。
 出てきたのはタコの塩辛みたいなもの。
 そうか、ここのはこれだった。
 なんとなく、いたわさのイメージを膨らませていた。
 切ったタコにわさびが添えられている、みたいな。
 でも、それではタコブツである。
 考えてみれば何度もたべている。
 
ばっかだなあ。
 とはいえ燗酒のお供には、なかなかの実力者だ。
 計 1640円


nice!(0)  コメント(0) 

大衆酒場で風邪予防 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

1月8日(水)

 午前中CDで、E.L.Oとローリングストーンズを聴く。
 今年は英国が来そうだ。
 もちろん個人的な話である。
 しばらくアメリカンで来たので、その反動もあると思う。
 去年の今頃は、70年代の歌謡曲がどうのこうのって言ってたっけ。

 午後、DVDで「浮浪雲」と「ブルドクター」を観る。
 どちらもホームドラマの側面があり面白い。
 ずっと大げさなハリウッド映画ばかり観て来たので、その反動もあると思う。

 夕方、小雨のしつく中、横須賀中央の「銀次」へ。
 雨が降ることは天気予報でわかっていた。
 冬の雨は嫌いだ。
 だから家にこもってDVD三昧の計画を立てたのだが、世の中、計画通りにはいかない。
 
 傘をさし酒場に向かうのは、それはそれで気分がでる。
 16時10分頃に入店。
 先客は5人ぐらいだったか。
 時間と天気を考えると、多いと見るか少ないと見るか。
 寒いので燗酒(350円)を頼む。
 お通しは
漬け物。
 つまみに、カキ酢(600円)を頼む。
 カキは生。
 多量の大根おろしと酢が安全を保障しているように思えるが、酢の殺菌力って大したことないらしい。
 安全かどうかはそのカキのとれた海域の状態、および食べた人間の体力に左右されるようだ。
 とはいえカキ酢であたった人の話も聞かないけどね。
 個人的にも生食で腹を壊したことはない。
 胃をやられるのは大抵風邪がらみだ。
 その風邪も、あまりひかなくなった。
 インフルエンザの予防接種がきいているのかもしれない。
 まあ深酒しなくなったし夜も、早く寝ちゃうというのもあるかも。
 野外で長時間過ごすこともなくなった。
 こんな暮らしを続けていると、それはそれでひ弱になっちゃうか。
 ちなみにカキに多く含まれる亜鉛は免疫細胞を活性化させるらしい。
 要するに風邪予防にはうってつけ。
 まあ良いとこだけ見ときましょ。
 燗酒をお代わり。
 湯豆腐半丁(250円)も頼む。
 風邪予防には体を温めること。
 燗酒に湯豆腐なんてのはまさにうってつけ。
 以上、酒飲みの自己弁護。
 燗酒は3杯飲んだ。
 計 1900円


nice!(0)  コメント(0) 

聖夜の大衆酒場 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

12月24日(火)

 クリスマスである。
 あんまり関係ないのだが、今日は休日。
 例によってDVDでTVドラマ。
 「JIN-仁-」の第6巻。
 最終巻である。
 21世紀の医者がなぜか江戸時代にタイムスリップしてしまい、色々苦労する話。
 
 最終話でも全然タイムスリップの謎は解明されない。
 ふと思ったのだが、21世紀の医者が大昔にタイムスリップしたら救世主に見えるのではないか。
 これは、そういう話だったのか。
 

 夕方、横須賀中央の「銀次」。
 燗酒(350円)を頼む。
 つまみは月見やまかけ(550円)。
 燗酒は二杯呑む。
 計 1250円

 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

5時過ぎはにぎやか 横須賀中央「天国」 [横須賀]

9月27日(金)

 台風一過。
 今日は朝から天気が良い。
 かみさんは朝早くから洗濯
 今日は昼間断水である。
 それもあって家族はそれぞれに外出。
 私はDVDで「あんみつ姫」を観る。
 主演 井上真央。
 ローラースケートを履いたあんみつ姫が、廊下を滑りまくるシーンから始まる。
 ポップなアイドルドラマ風だが、中身はいたって正統派、
 子供すりグループ「こんぺい党」とからむあたりから俄然面白くなる。
 好きだなあ、こういう話。
 痛快時代劇というジャンルは、もっと見直されるべきだと思う。

 昼飯は「麺屋こうじ」で、塩本鰹ラーメン(840円)。
 海苔、チャーシュー、ツクネ、タケノコ、エノキ、銀杏の入った豪華なもの。
 
 
 

 午後はダイエーで映画。
 「劇場版 ATARU」である。
 ドラマは観ていなかったが楽しめた。
 堀北真希は「踊る大走査線 THE MOVIE」の小泉今日子とかぶる。
 そういえば松雪泰子の役は「踊る大走査線 THE MOVIE 2」の真矢みきとかぶるね。
 警察を辞めて探偵になったらしい蛯名舞子役の栗山千明が良かった。
 
北村一輝との掛け合いが楽しい。
 

 映画の後は酒。
 「天国」まで歩く。
 カウンター席に着き、瓶ビール(ドライ大瓶 570円)。
 最初の1杯は、ついでくれる。
 これでサービス料100円分。
 お通しは無い。
 つまみに骨付きフランクのポトフ(400円)。
 大皿から器に移されレンジでチン。
 骨付きフランク2本、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ。
 フランク以外はカレーか肉じゃがかといった感じ。
 これが大衆酒場だ。
 ラブリーだぜ。
 テレビでは相撲。
 時間が早いので、相撲取りの名前がわからない。
 まあ遅くなっても、わからないかもしれないが。
 最近は野球も相撲も観ない。
 プロレスもボクシングも観ないわけで、スポーツ関係は全滅だ。
 まあこれは家族が、そういうものを好まないということもある。
 そのうち何らかの形で噴き出すかもしれないな。
 今、DVDでTVドラマ観まくっているみたいに。
 ビールの後は
ホッピー(420円)。
 つまみに、とりチリ(380円)。
 その名の通り鶏肉をチリソースで煮込んだ物。
 さっき出てきたばかりで、まだ温かい。
 したがってレンジの出番は無し。
 チリとはいえ案外甘口。
 それでもホッピーには良い友だ。
 夕方5時になると若い女性スタッフが登場し、パッと華やかに。
 チェーン居酒屋なら、珍しくもない光景だが。
 ここはそれ以前のオババ達が愛想無いので、店が変わったみたいになる。
 名残惜しいが、こちらはそろそろ退散だ。
 計 1870円

 帰りがけにCDショップでサンタナの「天の守護神」を買う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


nice!(0)  コメント(0) 

にこごりに燗酒 衣笠「お太幸 衣笠店」 [横須賀]

9月25日(水)

 日本の南海上には台風20号がいる。
 朝のうち横須賀は雨。
 家でDVDを観る。
 「ドン★キホーテ」「高校生レストラン」。
 「ドン★キホーテ」はとんでも設定なのだが、扱っているテーマは重い。
 今回は父子家庭の物語。
 「池中玄太」は当人たちの頑張りと、周囲の協力で困難を乗り越えていったわけだが、世の中そうはうまくいかない。
 「高校生レストラン」は松岡昌宏演ずる主人公の迷いや葛藤が面白い。
 最近はどうもエイリアンとカウボーイが戦うような話には気が向かない。
 昼飯を食い午後もDVD。
 「誰かが私にキスをした」。
 これは映画
 主演は堀北真希
 監督はアメリカ人。
 英語の台詞と日本語の台詞が交互に出てくる。
 記憶喪失を絡めたラブストーリーなのだが、どうにも乗り切れない。
 2時間という長さが、ただもう鬱陶しい。

 DVDを観た後、歯医者。
 予報は雨だったが降ってはいない。
 近所なので傘を待たずに出かける。
 ついでにDVDを返却しようと思っていたら、帰りにはザーザーと降っている。
 一旦家に帰り傘を持ち再度出かける。
 雨は止んでいるが、また降ってくるかもしれない。
 ツタヤに行きDVDを返却。
 「銀次」まで足を延ばそうと思ったが、ちょと時間が足りないかな。
 結局、衣笠の「お太幸」へ。
 時刻は5時15分ぐらいかな。
 そこそこお客さんは入っている。
 カウンター席につき、瓶ビール(ドライ大瓶 570円)を注文。
 つまみはブリとナスのにこごり(380円)と、おつまみカモ葱(380円)。
 どちらも本日のおおすすめから。
 なんか洒落てないか。
 BGMは、いつもの演歌ではない。
 入店した時は確か松田聖子がかかっていた。
 後はピンキーとキラーズだったり、ジュリーだったり甲斐バンドだったり。
 70年代前後の歌謡ポップスである。
 横須賀中央店と同じになったみたいだ。
 しかしジューシー・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」がかかった時には、ぶっ飛んだ。
 
 ビールの後は、ホッピーに移行する予定だった。
 しかし、にこごりに引っ張られ燗酒へ。
 寿海(1.6合 450円)である。
 この1.6合という量が絶妙だ。
 以前から何度も来ているが、今回すっと腰が落ち着いた。
 

 計 1780円
 
 
 
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

今日もいつもの 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

9月20日(金)

 相も変わらずDVDでTVドラマ
 「ドン★キホーテ」「GM 踊れドクター」「高校生レストラン」といったところ。
 ミステリー、アクション、サスペンス物が無いのが我ながら興味深い。
 

 返却がてら横須賀中央の「銀次」。
 瓶ビール(キリンラガー 550円)に海鮮サラダ。
 もうワンパターン。
 ビールの後は、ホッピーになす焼きだ。
 
 いつものカウンターで、いつもの酒とつまみ。
 これはこれで楽しい。
 年中同じ酒に同じつまみなんて人もいそうだ。
 まあ、私はそこまでは無理。
 冬になれば燗酒に移行。
 つまみもそれに合わせることになる。
 2~3か月でパターンが変わるわけで、この辺TVドラマに共通するものがあるかな。
 計 1800円
 
 
 
 
 
 
 
  


nice!(0)  コメント(0) 

いつもの 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

9月13日(金)

 南の海上で台風18号が発生した。
 とりあえず横須賀は良い天気だ。
 もっとも午前中はからりとしていたが、午後は湿気が多い。
 近所のスーパーに出かけた短い間、ほんの30分ほどで変化した。
 相変わらずDVDでドラマ三昧。
 「ホタルのヒカリ2」「獣医ドリトル」「三代目明智小五郎 今日も明智が殺される」といったあたり。
 それぞれに面白い。
 

 
 夕方、横須賀中央の「銀次」。
 瓶ビール(キリンラガー大瓶 550円)を頼む。
 つまみは海鮮サラダ(500円)。
 酒場は大衆酒場、焼き鳥屋、立ち飲み、みたいなところが良い。
 これとテレビドラマ好きは、リンクしているのではないか。
 
 
 ビールの後は、ホッピー(氷無し 450円)。
 つまみに、なす焼き(300円)。
 あれれ、いつかとおんなじだ。
 

 計 1800円
 
 
 
 
 
 

 
 


nice!(0)  コメント(0) 

大豆をつまみに 横須賀中央「天国」 [横須賀]

9月7日(土)

 午前中、DVDで「ホタルのヒカリ2」。
 午後は「獣医ドリトル」および「ルパン三世」を観る。

 昼ぐらいから湿気の無い良い天気。
 散歩がてら、ぶらりと出かける。
 気温も、あまり高くない。
 
 電車に乗ったり、歩いたり、バスに乗ったり。
 適当に行動しても、ストレスにならない。
 最後は横須賀中央の「天国」だ。

 入ってすぐのカウンターの角に陣取り、とりあえず瓶ビール(ドライ大瓶 570円)。
 ああー、ビールが旨い。
 つまみは、丁度目の前に出てきた大皿料理、厚揚げとピーマンの煮もの。それと枝豆も頼む。
 他の皿には名前のポップが立っているのだが、厚揚げピーマンにだけはいつまでたっても立たない。
 目の前の伝票を見て400円だとわかる。
 ちなみに枝豆は300円。
 入口の角上方にあるテレビではプロ野球
 巨人・阪神戦だ。
 最近、野球って観ていないなあ。
 ぎんぎらぎんのハリウッド映画も、なんだか食傷気味。
 こてこてのサザンロックやソウルミュージックもご無沙汰。
 DVDでテレビドラマばかり観ている。
 やっぱり年なのかな。
 でも昨日久しぶりにスティーヴィー・レイ・ヴォーン聴いたら、はまっちゃってそのままロイヤル・サザン・ブラザーフッドに流れ込んじゃたっけ。
 ネットで調べたら、ロス・ロンリー・ボーイズの新譜も出るんだね。
 それどころかげげっ、アナ・ポポビッチが来日するらしい。
 ただ、場所がコットン・クラブというのがちょっとな。
 ぶつぶつ。
 
 ビールの後は、ホッピー(白氷無し 420円)。
 ここのは焼酎多めの横須賀ホッピー。
 年々体にこたえるようになってきているのだが結局頼んじゃう。
 更に特大がんも(180円)なんてものも頼んじゃう。
 よせばいいのにとは思うが、なにせ目の前に現物がある。
 大きながんもに輪切りの大根煮が乗っかっている。
 これぞ大衆酒場のつまみだ。
 しかし考えてみると今日頼んだ3品、全て大豆である。
 世界的に見ると大豆って油を搾ったり、そのかすを家畜の飼料にしたりするのが大部分みたい。
 しかし日本ではこれに工夫を凝らし、さまざまな料理に利用している。
 これを体現しているのがこの店である、なんて言い方もできるな。
 5時過ぎて客もスタッフも増え、にぎやかになってきた。
 私は早い時間に来ることが多いのだが、料理も出そろったこの頃の方が楽しいな。
 とはいえ、そろそろ帰るか。

 
 計 1970円
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

ホッピー2杯 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

8月27日(火)

 天気は良いが、久々に涼しい。
 朝のうち野暮用をこなし、後はDVDでドラマ
 「ホタルのヒカリ2」と「山田太郎物語」。
 「ホタルのヒカリ」は、1の方が好みだ。
 「山田太郎」は、めちゃくちゃ面白い。
 「池中玄太」や「ヤスコとケンジ」に通じるものがある。
 「獣医ドリトル」なんぞも観る。
 おっと、これも意外と面白いや。
 

 夕方、横須賀中央の「銀次」へ。
 今日は多少涼しいし、昼間はコーヒー飲みながらのDVD三昧。
 ビールの求める気持ちが少なく、いきなりホッピー(450円)を頼む。
 つまみは新さんま刺身(600円)と、なす焼き(300円)。
 どっちも醤油ものだね。
 さんまは昔、生では食べなかった。
 鮮度が落ちやすいのと、寄生虫(アニサキス)の問題だろう。
 鮮度は冷凍運搬技術の進化で解決できるのだろうが、寄生虫はどうなんだろう。
 カツオやイカなんかも、よく話題に上るよね。
 その辺は料理人を信じるしかないか。
 しかし日本人は刺身(生食)が好きだな。
 ビール関係にだって生という言葉が、いかにもありがたそうに謳ってある。
 男はあまり執着しないが、女のサラダ信仰ってのもあるな。
 ただあまり生野菜ばかり食べていると、アクの問題などもあってかえって体に良くないみたい。
 ホッピーを、お代わり。
 生ホッピーなんてのもあるが、不思議な言葉だ。
 瓶詰はなく樽に詰められたホッピーってことみたい。
 製法的にも加熱処理しているみたいだし。
 「ホッピー仙人」では「サーバーのホッピー」って言い方していたな。
 以前、北久里浜にあった「とらや」のマスターによると、ホッピーのサーバーはビールに比べると管理が大変なんだそうだ。
 アルコールが無い分、雑菌が発生しやすいらしい。
 そういうのを別にしても、私は瓶のホッピーが好き。
 自分で、そそぐ作業が楽しい。
 瓶でも、出来上がった状態で出されるとがっかりである。
 ついだり、つがれたりがないのも良い。
 世の中には「さあ、ぐーっとあけて」とか言いながら相手のグラスにホッピーどぶどぶ、なんてえ奴もいるかもしれないが。
 つがれた方は唖然だろうなあ。

 計 1800円
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

海より来るもの 横須賀中央「銀次」 [横須賀]

8月20日(火)

 ダイエーで「パシフィック・リム」を観る。
 海底の裂け目から次々と現れ人類に襲い掛かる怪獣と、それに戦いを挑む巨大ロボットの話。
 監督は、かなりのオタクだ。
 よくぞここまでの物を作ったと感心はするが、観終わるとぐったりと疲れるのも確か。

 2作目以降のゴジラや、ウルトラ・シリーズの間の抜けた感じが懐かしく思われる。

 相変わらずうだるような暑さの横須賀の街を横切り「銀次」へ。
 昨日までは、
お盆休みだった。
 4時20分頃で、カウンターには数人。
 席に着き、瓶ビール(キリン大瓶550円)を頼む。
 水分とりまくっているので、一杯目の感動は薄い。
 しかし、うまいことは確かだ。
 お通しは、キャベツの酢漬け。
 酸味が疲れた体を癒す。
 つまみに海鮮サラダ(500円)。
 「パシフィック・リム」にちなんだ。
 中身はエビ、タコ、イカ、イワシ酢、レタス。
 このレタスの部分が、サラダってわけだ。
 つまみとしては、明らかに海鮮の方が主役だけどね。
 これがキャベツだと、単独で酒のつまみになる。
 今日のお通しみたいに。
 この差は、なんだろう。
 「取り合えず生ビールとレタス」なんて言っている親父は見たことがない。
 東海林さだおと椎名誠の対談でも、軟弱な野菜の代表みたいに言われてたっけ。
 ビールの後はホッピー(450円)。
 どうしても頼んじゃう。
 つまみに、なす焼き(300円)。
 なすも単独で主役を張れる野菜だ。
 漬物にしても、煮ても、炒めても、もちろん焼いてもいける。
 生食が出来ないので、その分料理に工夫をこらさななければならない。
 逆に、そこが良いんだろうな。
 

 計 1800円
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。