So-net無料ブログ作成

中華街でカレーそば 中華街「保昌」 [カレーでいこう]

5月26日(日)

 仕事の合間に中華街で昼飯。
 香港路をずっと行ったところにある「保昌」へ。
 ランチタイムを外していったが今日は日曜日。
 一階は満席だ。
 「一人です」と伝えると、二階へ行くように言われる。
 二階は座敷である。
 靴を脱いで上がる。
 大きなテーブルに相席だ。
 座敷の相席は、ちょっと気まずいものがある。
 メニューを見て、カレーそば(850円)を頼む。
 ここは牛ばらが有名なのだが、カレーもまた売りなのである。
 近くの席では店員が持ってきた麺のスープをこぼしている。
 中華のどんぶりはでかいし、一杯にスープが入っているから高低差のある場所での提供は要注意だな。
 少ししてカレーそばがやってきた。
 そばといっても当然中華麺。
 醤油系のスープに、カレーが混ざっている。
 麺はストレート。
 具は牛ばらと玉ねぎのみ。
 価格からすると、もうちょっとにぎやかでもいいんじゃないか。
 味そのものは良い。
 スパイシーで癖になる。
 卓上には水差しがあり、各自勝手に補給。
 つるつると食べ終わり、階下のレジでお勘定。
 まあ昼飯にカレー味のラーメンを食べましたという話だが、考えてみると中華麺とカレースープの組み合わせは少ない。
 蕎麦やうどんでは定番なのに。
 麺どころか、カレー味の中華料理というもの自体極端に少ないのではないか。
 中国ではともかく、日本で独自に発展してもよさそうなのにね。
 カレー焼きそば、カレー餃子、カレー焼売、カレースープ雲呑。
 梅蘭にはカレー焼きそばあるけど、かなり特殊な存在だ。
 この辺も、後の課題だな。
 
 
 

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

りーまんず@たけ

ご無沙汰です。カレーでいこう、いいですね。カレーラーメンって確かに少ないような。食べた事があるのは伊勢佐木町の「太源」、横須賀は武から太田和に移転した「前略」くらいです。熱い時期は食べるのはちょっとツライですかね。
by りーまんず@たけ (2013-06-21 09:18) 

風車のダン吉

コメントありがとうございます、りーまんず@たけさん。
伊勢佐木町の「太源」は、いつか行ってみようと思っています。
ただカレーラーメンって激辛系が多いんですね。
この間も北久里浜の「麺屋こうじ」でカレーつけ麺なるものを食べましたが、舌にビンビンきました。
カレーうどんはマイルド系が多いのと対照的。
不思議であります。
by 風車のダン吉 (2013-06-21 13:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。